埋没毛ができやすい場所と原因と埋没毛の処理について

埋没毛について

埋没毛について考える女性
埋没毛は、皮膚が柔らかい部位や濃い毛が生える部位にできやすいです。

また、自己処理によって頻繁に無駄毛処理を施すと、肌の表面を傷つけることによって埋没毛ができやすくなります。

そして、脇やデリケートゾーンのように皮膚が柔らかい部位で埋没毛ができると、毛が変な方向に生えることになります。

さらに、皮膚が柔らかい部位を剃刀で頻繁に無駄毛処理することで、肌の表面を削ることになるので肌にダメージが蓄積することになります。

その影響により、毛穴が傷つくことで埋没毛になる上に、腕や足はよく動かす部位なので埋没毛ができた部位はシワになりやすくなります。

クリニックでレーザー脱毛を受けるのがお勧め

ちなみに、乾燥肌や敏感肌の人は剃刀による自己処理を行いすぎると、埋没毛になりやすい傾向が強いです。

なので、頻繁に剃刀によって自己処理を施す人は、クリニックでレーザー脱毛を受けるのがお勧めとなります。

なぜなら、レーザー脱毛は埋没毛だけでなく毛嚢炎や色素沈着を改善することができるからです。

その上、施術を受けることが無駄毛が生えにくくなるので、剃刀による自己処理の回数を減らせます。

とはいえ、乾燥肌の人だと肌の保湿を怠るとレーザー脱毛を受けても、埋没毛に悩まされることがあります。

けれども、レーザー脱毛は柔らかい部位だと強い痛みを伴うことになります。

そのため、柔らかい部位の埋没毛をレーザー脱毛で処理する場合は、痛みに我慢する必要があります。

また、レーザー脱毛を受けた後は肌を保湿することで肌の乾燥を防ぎつつ、肌荒れを予防することができます。