自分で脱毛する

ワックス脱毛のメリットとデメリット

ワックス脱毛の特徴

waxワックス脱毛は普通の脱毛と違い、すぐしたい、すぐ毛をなくしたいという人にはとても向いていると思います。
あったかいワックスを塗り、しばらく置き固まったらはがしていきます。
なんども繰り返すとすべての毛を丁寧に取り除くことができます。
短時間ですぐきるのでとても便利な脱毛方法だと思います。

ワックス脱毛のメリット

夏にいきなりプールや海、デートの予定が入ったという人はすぐできるので脱毛のように時間がかかって抜けるのを待つ必要はありません。
短時間でできることから時間がない人でも予定があるに日ワックス脱毛をすることもできます。
なにより時間がかからないところが一番いいところだと思います。

ワックス脱毛のデメリット

肌が弱い人は赤く腫れてしまうこともあるのでパッチテストを行うことをお勧めします。
肌があれてしまってはせっかくのワックス脱毛の良さがなくなってしまうでの、最初に自分の肌に合うものか確認をしてから行うといいです。
また、毛があまり生えていなかったら抜けにくいのでワックス脱毛をする前2週間から3週間は毛の処理をあまりしないほうがいいです。
毛が生えていないときにワックス脱毛は意味があまりないともいわれているので、うまく毛が取れない場合はデメリットとなってしまいます。
いきなりその日にできる人の場合と毛がなくていきなりその日にできない人がいるのですべてがいい点ばかりとはいえません。

立川脱毛ランキングTOPへ

毛抜きで脱毛するメリットとデメリット

毛抜き脱毛の特徴

kenuki5毛抜きを使って自分の手で一本一本の毛を地道に抜いていく脱毛方法です。
カミソリやシェーバーでの自己処理では得られない効果がありますが手間がかかります。
また肌トラブルが発症しやすい脱毛方法です。

毛抜きで脱毛するメリット

カミソリやシェーバーで剃る脱毛では早ければ翌日には毛根から毛が成長し皮膚から出てきてチクチクしてしまいますが抜くことによって脱毛した後のツルツルのお肌持続期間が長くなるということが1番のメリットです。
自分の隙間時間などで毛抜き片手にどこでも行えるのでお手軽で簡単です。
出かける前に見つけてしまった口まわりの産毛の対応など急いでるときなどにはとても有効です。

毛抜きで脱毛するデメリット

毛抜き脱毛にはとにかく肌トラブルがつきものです。
毛穴から毛を抜くことで毛穴が普段よりも大きく開いた状態になるので雑菌などが入り込むことが懸念されます。
また毛を抜くということは皮膚の一部をも一緒に剥いでしまっている、生きている細胞を引き裂いている行為になります。
さらに毛が皮膚の下に埋まってしまいブツブツと黒い後になってしまう埋没毛ができやすくなります。

医療レーザー脱毛を受けることを考えている人は絶対に毛抜きでの脱毛はお勧めしません。
レーザーは毛ではなく直接毛根に働きかけて脱毛へ促す施術なので長年毛抜きによる脱毛を行った人には効果がなかなか感じづらいことがあります。

立川脱毛ランキングTOPへ

カミソリで脱毛するメリットとデメリット

カミソリ脱毛の特徴

kamisori2痛みを感じることなくどこでも手軽にムダ毛の処理ができる。
脱毛サロンに通うより,時間かからず予約もいらず自分で処理ができる。

カミソリで脱毛するメリット

誰でも手軽にムダ毛の処理をすることができる。
持ち運びも楽なので出先で使いたい時も簡単に使用することができる。
値段もお買い得なものもあるので学生でも購入しやすい。
顔用,体用と何種類かカミソリがあるので使い分けできて便利。

カミソリで脱毛するデメリット

カミソリを使用すると肌にダメージがでてしまうため肌荒れが気になる。肌に痛みを感じることもあるので処理後の肌の保湿はかかせない。
ワキの処理をカミソリでやり続けると肌が黒ずんでしまうこともある。その場合,気になるなら皮膚科などで治療をしなければならなくなってしまう。
剃り方を失敗してしまうと出血してしまうことがあるので痛いし目立つ部分だと恥ずかしいことになってしまう。

人によるけど,前日の夜に剃ると次の日の昼間にはもうムダ毛が伸びてきてしまう。足の場合,ストッキングを履いているとジョリジョリなのが触って分かるし,スカートやショートパンツを履くときは特に気を付けなければならない。朝,口まわりを剃っても同じく昼間には少し伸びてきてしまうので,女だから特に恥ずかしいです。
たまに埋もれ毛が発生してしまうことがありその後の対応に困ってしまうこともある。
カミソリ脱毛を続けていると毛が段々と濃くなってしまうので憂鬱になる。

立川脱毛ランキングTOPへ

除毛クリームで脱毛するメリットとデメリット

jomo脱毛したい部分にクリームを塗ります。カミソリのように剃るのではなく、クリームで毛を溶かします。

除毛クリームで脱毛するメリット

やはり仕上がりがキレイです。カミソリで剃っていた時期もったのですが、かなり青くなってしまい、見た目が悪いです。ひざ下などをカミソリで剃りましたが人に見せられる状態ではありませんでした。それに比べて、除毛クリームは毛を溶かすのでかなり仕上がりが自然です。腕の毛が多いので夏場は半そでの服を着るのが憂鬱でしたが、すごく気が楽になりました。

私はムダ毛が多いので剃らなきゃいけない所も多く、カミソリでは手間がかかります。除毛クリームは塗って放置するだけなのでとても楽です。洗い流す必要はありますが、20分ぐらい放置してで終わります。

あと値段が安いです。1本1000〜2000円ぐらいで買えて、手や足だけであれば2〜3回ほどできます。1回除毛すると1週間くらいもつので、一夏もちます。

除毛クリームで脱毛するデメリット

それは肌が荒れることです。除毛クリームはかなり刺激の強い薬品です。このクリームは毛を溶かして除毛します。なので肌の弱い人はやらないほうがいいかもしれません。以前顔の産毛を除毛クリームで除毛してみようとチョットだけつけてみましたが、1週間赤くなり痛みが引きませんでした。

また多少ムラができてしまうこともあります。除毛クリームもクリームを塗ったところしか除毛できないので、皮膚の弱いところなどどうしてもできない部分もあります。なので、塗ったところと塗っていないところで見た目の差が激しくなり、少し不自然かもしれません。ですがそこは塗り方の工夫をして誤魔化していました。

立川脱毛ランキングTOPへ

家庭用脱毛機のメリットとデメリット

katei家庭用脱毛機の特徴は自宅で脱毛ができるという点でしょう。通常脱毛施設に数年かけて通うことで脱毛は完了します。しかしこの家庭用脱毛機なら家で自分で脱毛ができるのです。その点が他の脱毛方法とは大きく違っており、大きな特徴といえます。

家庭用脱毛機のメリット

家庭用脱毛機のメリットは、誰にも見られることなく脱毛ができる点と何度でも気軽に脱毛ができる点です。いちいち脱毛施設に通う必要がないので、自分の濃いムダ毛を見られる心配もなく気持ち的にも気楽だし、外出する必要もありません。自分の手でしっかりと家で脱毛ができるのです。それから一度購入したら、いくらでも脱毛ができます。施設と違って脱毛の回数は限られないので、満足いくまで好きなように脱毛を続けることができるのです。

家庭用脱毛機のデメリット

逆に家庭用脱毛機のデメリットといえば、脱毛機の性能の差ですよね。選んだ家庭用脱毛機によっては脱毛の威力が弱すぎて満足できない場合もあります。だから慎重にいろんな情報を調べた後に選ぶべきなのです。家庭用脱毛機といえども値段は高額です。高額なこの脱毛機をせっかく買ったのに、効果がなければ意味がありません。ですから選択の難しさはデメリットといえますね。

それからもうひとつ、家庭用脱毛機を使う場合は気を付けなくてはいけません。それは脱毛後の「ケア」です。脱毛施設では必ず専用の人がやってくれるので問題ないのですが、家庭用脱毛機を使うときは、脱毛後には自分でケアしないといけません。脱毛後のケアをやらないと肌が荒れることがあります。この点はデメリットになるので、ケアを忘れないように気をつけましょう。

立川脱毛ランキングTOPへ