脱毛の基本知識

「脱毛 効果ない」って本当?

効果が実感できない

脱毛で中々効果が実感できない部位とは?

「脱毛サロンに通っているけど、全然ムダ毛がなくならない」

「何度も施術してもらっているのに、いつまでも毛がはえてくる」

——ネットで脱毛に関する口コミをチェックしていると、こういう批判的な意見にぶつかることがあります。

脱毛サロンでプロの手によって脱毛してもらうというのは、結構費用がかかります。10万円を越えることも珍しくありません。それなのにまるで効果がないのでは、腹が立つのも当然です。

ただ、ムダ毛というのは全身どの部位でも同じコンディションではありません。毛の特徴によって処理するのが難しいところもあるのです。

そんな部位の中でも特に処理の難しいのが「Iライン」です。

最近は有名脱毛サロンなら必ずVIO脱毛(アンダーヘアの脱毛)をおこなっています。VIOというのは、それぞれ「ビキニライン」、「大陰唇や小陰唇の周辺」、「肛門の周辺」を指します。

VとOはともかく、Iラインはなかなか脱毛効果があがりません。というのも、Iライン部分は色素沈着のため黒っぽく変色していることが多いからです。

サロンで用いられているIPL脱毛というのは、メラニン色素に反応するインテンスパルスライトという光を照射し、高熱で毛根を弱らせるというもの。

この場合のメラニン色素というのは黒あるいは黒に近い色なので、肌が日焼けのように濃い色だと、そこに熱が生じてしまい、やけどになってしまいます。

そのため、黒っぽい肌になっているIライン部分では照射パワーを下げざるを得ず、脱毛効果が弱くなってしまうのです。

ただ、毛根というのは繰り返しの照射で必ず弱体化してきます。
短い期間だけの施術で「効果がない」と文句をいうより、じっくり構えて施術を受け続けてみましょう。
必ず効果が上がるはずです。

立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

光脱毛に関して

脱毛について考える

IPL脱毛とレーザー脱毛について

一昔前は脱毛というと美容電気脱毛(ニードル脱毛)が普通で、針を毛穴に刺すという作業が必要でした。

これは痛みがひどいため、おかげで「脱毛は痛い」というイメージを持っている人が増えてしまいました。

現在は針を使う脱毛は一部に限られ、サロンにしても医療クリニックにしても光を使った処理が一般的になっています。

脱毛サロンでよく使われているのがIPL脱毛です。
これはintense pulsed light(インテンスパルスライト)という特殊な光を照射するもので、高熱によって毛根を弱体化し、脱毛を促します。

このIPLはもともとエステサロンで美肌目的で使われていたもので、ニキビ痕、赤ら顔、毛穴の引き締め、くすみの改善に効果的です。

この効果は脱毛サロンの機器にも引き継がれているので、IPL脱毛の処理を受けることで肌のコンディションも改善されるというメリットがあります。

一方、医療クリニックでおこなわれているのがレーザー脱毛です。

レーザーは複数の種類があって、それぞれが違う波長を持っています。

光はもちろん、音波、電波などは空間を伝わっていく特別な「波」です。
波長とは、その谷から谷(山から山)までの距離を指します。

その波長の違いによってレーザーの届く深さが異なり、脱毛効果も違っています。

現在使われている脱毛レーザーには、アレキサンドラライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザーなどがありますが、最も効果の高いのがYAGレーザー。

ただそれだけ痛みを感じやすいので、それを避けたいなら最も肌に優しいダイオードレーザーがおすすめです。

サロンにしてもクリニックにしても採用している機器が違いますから、公式サイトなどを参考にし、自分に合ったところを選ぶようにしましょう。

立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

新しい脱毛 ヤグレーザー

パワーが強い

新しい脱毛レーザー・YAGレーザーとは?

脱毛サロンでの施術ではIPLなどの照射威力の弱い光が使われていますが、医者が立ち会うクリニックでは、もっとパワーの強いレーザーが使用されています。

レーザーにはいくつかの種類があり、それぞれ違った波長をもっています。

電波、音波、光などは空間を伝わっていく特別な「波」です。波長とは、その山から山(谷から谷)までの距離を指します。この距離によって、ターゲットとする部位(レーザーが到達する深さ)が違ってきます(長くなればなるほど、より深いところをターゲットにできます)。

脱毛に使われるレーザーとしては、アレキサンドラライト、ダイオードが有名です。
ところが最近になってYAGという新しいレーザーを採用する機器が増え、それらの機器を導入するクリニックが多くなってきました。

YAGレーザーの特徴はその波長の長さ。つまり上述したように、皮膚のより深いところに光を届かせることができる、ということです。

具体的な数字を上げるとアレキサンドラライトの場合、波長は755ミリ。ダイオードは800ミリ。YAGレーザーはそれよりもさらに長く、1,064ミリです。これによって真皮を越え、より深い皮下組織にまで施術ができるようになりました。

VIOやワキなどに生えている濃い毛はその根元も深く、なかなかこれまでのレーザーでは脱毛効果もあがりにくかったのですが、YAGレーザーなら照射威力も高いため、永久脱毛も容易になります。

YAGレーザーを照射できる機種は今のところ以下の4つです——

・ロングパルスYAGレーザー
・G-MAX
・ジェントルYAG
・エリートプラス

もし濃い毛を徹底的に脱毛したいなら、これらの機種を採用しているクリニックがおすすめです。

立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛エステについて

1番よく使われている

脱毛サロンで使用されている機器について

サロンで脱毛に用いられているマシンは「光脱毛機」と呼ばれています。

同じ光脱毛機でも色々な種類があり、1番よく使われているのは「IPL式」、そしてその次が「SSC式」。

また最近は技術が進み、「ハイパースキンカレン」「SHR式」など、新しい脱毛理論を取り入れた機器も登場しています。

IPL式脱毛機とSSC式脱毛機は、採用しているライトやジェルに差はあっても、基本の原理は変わりません。メラニン色素だけに反応する特殊な光を当てて、毛乳頭や毛母細胞に熱による損傷を与えます。そのことで発毛機能を弱体化し、毛が延びないようにしてしまうわけです。

一方ハイパースキンカレンとSHR式脱毛機は、毛穴の内側にある毛包を低温で熱します。そのことでバルジ領域に蓄えられた発毛因子の活動を阻害。つまり、毛根にダメージを与えずに脱毛できてしまうわけです。

この「バルジ脱毛」では毛周期に合わせる必要がないため、1ヶ月以内の早いペースで施術が行えるというメリットがあります。またIPL脱毛機が効果を上げにくかった産毛、そして施術そのものが不可だった日焼けしている肌にも対応が可能です。

他にもやはりバルジ領域をターゲットとする「メディオスターNexT」というレーザー脱毛機も市場に登場しましたが、実際のところ、サロンで採用している機械はどれも効果そのものには大きな差はありません。

照射威力の大きさに関しては、痛さを我慢しなければなりませんが、クリニックで用いられているレーザーの方が断然強力です。

なお、これまでの脱毛機は一回一回セッテイングして部位に照射していくものだったのですが、最近ではスライド式の照射ヘッドが主流となり、連射によって効率化が進んでいます。

立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛のデリーモ

スプレー

脱毛スプレー・デリーモって?

「ムダ毛を処理するために脱毛サロンや医療クリニックに行きたいけど、費用が高いし、完了まで日数がかかりすぎる。でもカミソリで剃ったり、毛抜きでぬいたりしていると、黒ずみができやすいし……」

そんなムダ毛で悩んでいる人におすすめなのが、デリーモ(deleMO)です。

デリーモの第一の特徴は、何といってもスプレータイプで使いやすい、ということ。これまで、除毛ケア用品はクリームやペースト状のものがほとんどでしたが、デリーモならムダ毛の生えた部位にさっと液剤を吹き付けるだけ。
手が汚れず、初めて脱毛を行う人でも簡単に使えます。

また、脱毛ケア用品の口コミを読んでいると「効果はあるけどニオイが強すぎる」という感想が目立ちます。ところが、デリーモは微香性で精製除毛成分配合。除毛剤特有の鼻をつく薬品臭がしません。「臭いが気にならないので愛用している」という人も多いようです。

値段も、amazonならば送料無料でわずか3,300円(税込)。大変お手頃です。

わずか5分で除毛処理ができるデリーモ。ムダ毛処理が面倒だという人は、一度試してみて下さい。

デリーモの口コミ

「今までカミソリでムダ毛の処理をしていました。でも子供がやんちゃ盛りになったため、危険を避けるために代替品を探すことに——。口コミの評判で購入したのがデリーモです。
スプレータイプなので手軽に使えますし、しっかりと除毛できます。
肌もヒリヒリしないので使い続けるつもりです」(27歳・女性・熊本県)

「これで除毛すると、毛が生えてきてもチクチクしません」(29歳・女性・栃木県)

立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の種類

脱毛マシンについて

サロンやクリニックの脱毛マシンについて

ムダ毛の脱毛を望んでいるなら、脱毛サロン、あるいは医療クリニックにかなりの日数通うことになります。

この2つは使っているマシンが異なるため、その脱毛効果にも違いがあります。

脱毛サロンで現在主流になっているのは光脱毛(フラッシュ脱毛)。IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つの方式があります。

そのうち、最もよく採用されているのがIPL脱毛です。

これは黒いメラニン色素にだけ反応する特殊な光をムダ毛に照射。毛母細胞や毛乳頭にダメージを与え、毛を生えにくくする、というもの。

一方、医療クリニックの場合、昔は美容電気脱毛(ニードル脱毛)という方法が主流でしたが、今ではレーザーがもっぱら使われています。

レーザーは、一度の照射で広い範囲のムダ毛に作用を及ぼすことができます。ニードル脱毛よりも施術がはるかにスピーディーで痛みがマシなので、しばらく前からクリニックでの脱毛方法の主流になっています。

原理自体はIPL脱毛と変わりません。
肌に照射されたレーザー光が黒いメラニン色素を含む毛根組織を死滅させ、発毛を阻害します。

レーザーにも色々な種類があり、よく使用されているのはダイオードレーザー、アレキサンドラライトレーザー、YAGレーザーの3つ。

それぞれ「頑固な毛に向いている」「痛みが少ない」などのメリットがありますが、いずれも脱毛効果は高く、毛乳頭や皮脂腺開口部を完全に破壊させることができます。

ちなみに永久脱毛というのは毛根部分を破壊する医療行為なので、医師免許が必ず必要です。

ですから、ムダ毛を永久に脱毛しようと思ったら医療クリニックに通う必要があります。
脱毛サロンで行なわれているのは、あくまで毛根を弱体化するだけの「減毛」「抑毛」なので、注意して下さい。

 立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロンで脱毛するメリットとデメリット

01ムダ毛ってちょっとした時に気になりますよね。自己処理派・脱毛サロン派と意見が分かれる脱毛。

脱毛サロンで脱毛するメリット

自己処理の方法としては、カミソリ、毛抜き、電気シェーバー、脱毛クリーム、脱毛ワックス、家庭用脱毛器などさまざまです。自己処理のメリットとしては。「簡単にいつでも」「好きな時に好きな場所で」「人の目を気にせずに」、処理できることです。また、人に見せるのには恥ずかしい、デリケートゾーンになど、誰もが気軽に始められるところです。デメリットとしては、「肌への悪影響」「脱毛仕上がりにムラができてしまう」があげられます。また、ムダ毛が気になり、その都度その場しのぎの脱毛でしかない為、「一生ムダ毛処理への時間やお金がかかってしまう」ところです。

脱毛サロンで脱毛するデメリット

脱毛サロンの方法としては、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛、ワックス脱毛などがあります。部位ごとのお手入れや全身脱毛など、施術範囲も自分で選択できます。半永久的に持続性のある脱毛ができるのは、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛とあります。痛みや肌への影響力はそれぞれ違います。脱毛サロンでの脱毛のメリットとしては、「プロのカウンセリングにより自分にあった施術の提案がされ、安心安全に脱毛ができる」「エステシャンによってムラのないお手入れができる」「最新のマシンや施術方法でお肌へのダメージが少ない」ことです。デメリットとしては、「サロンまで通わなくてはならない」「予約のとりにくさ」があげられます。

一生ムダ毛のことに悩み、時間を割き、労力をかけるのであれば、安心安全なプロの施術で簡単にキレイに脱毛ができる脱毛サロンでの脱毛がオススメです。

立川脱毛ランキングTOPへ