脱毛コラム

ワキ脱毛について

ワキ脱毛に最適なのはどんなサロン?

夏は色々と積極的になる季節。ここ数年のような猛暑が続くと、ノースリーブを着る機会も多いはずです。

そのときに気にかかるのがワキに生えているムダ毛……。

ムダ毛処理をキチンとしないと、腕を上げた時など他人に見られ、恥ずかしい思いをするハメになります。

それは分かっていますが、ムダ毛処理というのは面倒なものです。それに自己処理ばかりに頼っていると、そのうちカミソリなどの刺激でワキに黒ずみができることも——。

「サロンで脱毛して、自己処理なんてやめよう」

そう考えている人もいるかもしれません。

でも初心者にとって脱毛サロンというのは未知の世界。どうしてもハードルが高くなりがちです。

「完了までどれくらい通う必要があるの?」
「痛みがあるって本当?」
「料金は最終的にどれくらいかかる?」

心にこれらの疑問を抱えたまま、結局は脱毛とは無縁に自己処理を続けている、という人も少なくありません。

そこでワキ脱毛の効果やその費用などについて詳しく紹介し、そんな女性の悩みを解消してみることにしました。

以下の情報が、ワキ毛処理で悩んでいる女性の助けになれば、と思います。

そもそも「脱毛」って?

ワキ脱毛の情報を紹介する前に、まず「脱毛とはどういうものか?」ということを述べてみます。

勘違いしている人が多いのですが、サロンやクリニックでの「脱毛」というのは、毛を抜いていく作業ではありません。

では、サロンや医療クリニックでの脱毛というのは、どういったものなのでしょうか?

実は施術のターゲットとなるのは、皮膚に隠れている毛根部分。
肌の表面に出ているムダ毛そのものではないのです。

以前は手作業で毛根を焼き切っていたのですが、現在では効率が良くなり、特殊な光を肌に照射することで毛根に損傷を与える方法をとっています。

この時に用いられるIPL(サロンで使用)やレーザー(クリニックで使用)といった光は、メラニン色素に反応して熱エネルギーに変化する特徴を備えています。部位に当てると皮膚は素通りし、毛母細胞、毛乳頭などの組織だけにダメージを与えます。

この方法のおかげで、脱毛は気軽なものとなりました。最近では顔、脚はもちろん、VIOといった特殊な部位まで脱毛する人が増えています。

その中でもワキ脱毛は最もポピュラーで、脱毛の初心者の大多数が最初に施術してもらう部位——。

やはり、夏を迎えると露出が増えるので、「処理をするならまずワキ」と考える女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集中しているところでもあります。そのせいで汚れが溜まりやすく、毛のう炎や埋没毛(埋もれ毛)といった厄介な症状も起こりやすいと言われています。

良好なコンディションを保つためにも、ワキ毛を早い段階で脱毛してもらい、カミソリ、毛抜きなどでの自己処理は止めるべきです。

施術の回数、値段、痛みについて

ワキ脱毛のメリットがお分かりになったと思います。「すぐにサロンに行って施術を受けたくなった」という人もいるかもしれません。

ただ、実際に店舗で契約するとなると、以下のようなことが気にかかると思います——

・施術回数はどれくらい必要なのか?
・値段は総額でいくらかかるのか?
・施術時の痛みはどの程度なのか?

これらのポイントについて、説明していきます。

まず施術回数なのですが、実は1回や2回では脱毛の施術は完了しません。完璧にムダ毛が生えないようにするためには、意外なほど長い時間がかかります。

特にワキは太いムダ毛が集中的に生えているうえに、他の部位よりも毛根が深いところにあり、施術には厄介な部位と言われています。そのため、顔や脚よりもどうしても回数が多くなるのです。

各サロンによって差があるようですが、脱毛完了まで12回から18回の施術が必要、と考えるべきです。

次に料金です。

これもサロンによって相当な違いがあり、古くからの顧客を抱えた高級サロンの中にはビックリするような値段をとるところもあります。

ただ、ワキ脱毛に関しては初心者向けのプランが多く、全般に値段はリーズナブル。その中でも特におすすめの店があります。

それは全国展開を行っているチェーン店のひとつ、「ミュゼ」。

なぜおすすめしたいのか、というと、「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」が大変リーズナブルだから——。

何しろこのプランの料金はわずか100円です!

これだけの安い値段で脱毛を行っているところは他にはない、と言い切れます。料金の点で不安な初心者には最適といえます。

さらに、ミュゼのメリットは料金に限りません。

実は、サロンでの施術というのは毛根に熱を加えるため、どうしても痛みがあります。ミュゼはそれが軽減されるように工夫を凝らしているのです。

具体的にいうと、他のサロンがIPL方式の脱毛機を採用しているのに対し、ミュゼは最新型のSSC方式の機器を導入しています。

IPL方式ではキセノンランプを用い、インテンスパルスライトを肌に照射します。一方、SSC方式ではクリプトンライトを使っています。

キセノンランプはそれ自体脱毛に効果を発揮しますが、クリプトンライトの方はそんなパワーはありません。

ではどうやってムダ毛を処理するのかというと、専用のジェルをムダ毛に塗った上で光を当てます。

すると相乗効果によって毛根にダメージが加わり、発毛を阻害してくれるのです。

この方式の最大のメリットは「ジェルとの組み合わせで効果を上げる」という点。
光そのものの威力は弱めでも構わないので、痛みも軽減されます。

「施術が痛いというので脱毛をちゅうちょしている」という人もいるようですが、ミュゼのSSC方式なら痛みも問題ありません。

ワキ脱毛で失敗しないようにするには?

「ワキ脱毛なら、”格安”、”痛みがない”という点でミュゼが一番」と書きましたが、近所に店舗がない場合もあります。そんな時は、他のサロンを選択しなければなりません。

ただ、脱毛がブーム状態を呈していることもあってサロンの数は以前よりもはるかに増えています。
その数が多すぎて、初心者はどこを選べばいいのか迷ってしまうでしょう。

色々なサロンが盛んにキャンペーンを行っているのですが、これも種類が多すぎて、どれがリーズナブルなのか判断が難しくなっています。

そこでサロンを選択する際、注意すべきポイントを何点かあげてみます。

施術可能回数が12回に満たないサロンは避ける

まだまだ脱毛に関して勘違いしている人が多く、たとえば1回施術してもらえば、それだけでその部位のムダ毛は生えてこない、と思い込んでいる方がいます。

実は、たった1、2回の施術では、脱毛の効果などほとんど感じられません。
確かに施術後10日から1ヶ月ほどで無毛状態にはなりますが、時間が経過すると新しい毛が再び生えてきてしまいます。

発毛自体をストップするには、数ヶ月から数年かけてIPLやレーザーなどの光を当て続けなければなりません。

しかもワキのように太いムダ毛がまとまって生えている場合、上述したように12回から18回ほどの施術が必要不可欠なのです。

というわけで契約時に「料金が安いから」という理由で施術回数が12回に満たないプランを選んでしまうと、結局は脱毛が終わらず、追加施術によって予想以上に高くつく、という場合もあり得ます。

最終的にリーズナブルに脱毛するためには、あまりに安いプランには目を向けず、何度でも施術が受けられるコースを選びましょう。

返金制度や施術期限に注意を払う

ワキ脱毛を完了させるには、最低3年間はサロンに通い続ける必要があります。

しかし一旦店と契約しても、「スタッフの態度が良くない」「効果に不満がある」といった理由で、契約を中途解約するケースもあると思います。

そういう時は当然ですが、サロン側は渋い顔をします。半分も施術回数を消化していないのに、返金がほとんどない、という店も多いようです。

ただ中には「1年以内ならば全額返金します」という良心的なサロンもあります。

「忙しいこともあって契約を解約するかも…」という人は、契約時に解約条件についてスタッフに聞いておきましょう。

またサロンによっては、施術期間にリミットがあり、契約日時から何年か経つと施術そのものができなくなる、というところもあります。料金を全額払ったのに施術を受けられないとなると泣くに泣けませんから、その点も事前にチェックすることが肝心です。

いずれにしても「ワキ脱毛には長期間の施術が不可欠」ということを心に留めておき、なるべく回数や施術期間に制限のないサロンを選びましょう。

施術後のケアを行うサロンがベター

ワキに関するケアは、ムダ毛処理だけでは充分とはいえません。
黒ずみやブツブツなどの症状を改善することも肝要で、そのためにはしっかりと肌の潤いをキープする必要があります。

上述したように施術後の毛穴は熱を持つため、どうしてもその周辺の肌は乾きがちとなります。

脱毛サロンにはそれにキチンと対応し、施術後の保湿サービスを熱心に行っているところもあります。

こうした店で脱毛すると美肌効果も期待できるので、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックはどう違う?

ワキ脱毛を行ってくれるのはサロンだけではありません。医療クリニックでも施術可能です。

ではサロンとクリニックでは、どのような差があるのでしょうか?

現在、脱毛サロンで施術のメインとなっているのは、光脱毛(フラッシュ脱毛)という方法。そしてクリニックの方では、主にレーザー脱毛が採用されています。

「特殊な光によって毛根にダメージを与える」という点で、両方とも脱毛の原理そのものは変わらないといっていいでしょう。

ではどういう差があるのかというと、毛根部分にダメージを与える時の威力です。

レーザーの光は波長が長く、その威力はIPLとは比べ物になりません。毛根の組織は徹底的に破壊されてしまい、いわゆる「永久脱毛」(ムダ毛が一生生えてこない)も可能になっています。

また脱毛完了までにかかる回数も差があります。フラッシュ脱毛はどうしても10回以上かかりますが、レーザー脱毛の場合、数回で終わってしまいます。

もし「短い期間で脱毛を終えたい」と考えているなら、サロンよりも医療クリニックでの施術を選んだ方がいいでしょう。

なぜワキ脱毛の料金は安いのか?

ワキ脱毛というのはリーズナブル。初心者は最初の脱毛箇所としてワキを選ぶことが多いようです。

では、なぜワキ脱毛の料金は安いのでしょうか?

まず考えられる理由としては、ワキが狭い部位だ、ということ。

サロンでは面積によって料金を決めることが多く、その点でワキは安価で済むパーツというわけです。

そして第2に考えられるのは、サロン側の”戦略”です。

女性は最初にワキ脱毛を選ぶため、「その値段を抑えることで、より多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

いずれにしても、ワキというのは手軽な部位。
サロンの技術もすぐ分かるので、施術はワキから行うのが無難です。

脱毛完了後、効果に満足できない場合は?

ワキ脱毛が完了したものの、その結果に満足できない——。

そんな場合、施術をそのまま続けることもできますが、追加料金が取られるので出費がかさみます。

そんな事態を避けるため、少々値が張っても最初の契約時に12回以上のプランを選びましょう。

また、そのサロンから他店に乗り換える方法もあります。しかしこの場合はカウンセリングからやり直さなければならず、時間と手間がムダです。

とにかく施術期間と回数は多めに見ていくことが肝要。なるべくなら施術回数が無制限のサロンがおすすめです。

脱毛の後、ワキの汗が増えてしまう?

最後に脱毛完了後の”ある現象”について、説明しておきましょう。

実はネットでワキ脱毛を検索してみると「脱毛をしてからワキ汗が増えてしまった」という口コミが投稿されています。

こんな現象が本当にありうるのでしょうか?

答えを先に書きましょう。そんなことはありません。

ただ、「ワキの汗がひどくなった」と勘違いしてしまう人は実際多いようです。

その勘違いの理由ですが、「今まで汗をせき止めていたワキ毛がなくなったことで、肌で汗の流れを感じる機会が増える」というのが原因のようです。

つまり単に感覚の問題で、汗の量そのものが変化したわけではありません。

しばらくするとその感触にも慣れてしまい、違和感も覚えなくなります。

いかがだったでしょうか? 色々なポイントからワキ脱毛の情報、サロンの選び方について紹介してみました。

ぜひ以上の情報を参照し、自分の体質に合ったサロンを見つけて下さい。

脱毛によってムダ毛が処理できればワキへの視線が気にならなくなり、肌の状態もきっと良くなっていくはずです。

脱毛で内出血が起こった場合は?

内出血が起こる

ムダ毛処理による内出血が起こった場合は?

夏場が近づくと肌を露出する機会が増えるため、あわててワキや足などのムダ毛を自己処理する人も多いと思います。

処理の仕方も色々ですが、毛抜き、脱毛ワックスを使った場合、肌が内出血を起こす可能性があります。

もし内出血してしまったら、すぐに冷やすのが肝心。ただ、温度が低すぎるものを内出血の部位に長時間当ててしまうと凍傷になってしまう恐れがあります。氷などを直接当てるのは避け、ビニール袋などに入れた上で、さらにタオルを巻くのがベスト。

内出血が起こったばかりの段階で患部を温めてしまうと、更に範囲が広がって症状が悪化する可能性があります。このため、その日は風呂に入ることも避けましょう。

ただ、1日〜2日経過し、症状がある程度軽くなってからは温熱療法を行う方が効果的です。患部に蒸しタオルを当てたり、お湯のシャワーを浴びると自然治癒力が高まり、症状が早く治まります。

内出血を避けるためには、ムダ毛処理に毛抜き、脱毛ワックス、脱毛テープなどを使わない方が無難です。他の方法でも肌に負担を掛けることも多く、長い間続けていると肌が色素沈着を起こしたり、角質化する場合もありえます。

自己処理をしないためには、サロンでの脱毛を検討した方がいいでしょう。
サロンでの脱毛はどうしても時間がかかりますが、使用される光脱毛機は美容にも効果があり、脱毛と共に美肌も得られるのでお得です。

また医療クリニックでも脱毛をおこなっているところがあります。クリニックなら永久脱毛も可能の上、何か肌トラブルが起こってもサロン以上にキチンとした対処をしてもらえます。
費用はサロンよりもかかりますが、より安心したい人にはクリニックがおすすめです。

立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛は何歳からできるの?

コマーシャルの影響

脱毛の施術は何歳から可能?

最近はコマーシャルの影響なのか、脱毛をする女性が急に増えました。

全国展開する脱毛サロンのチェーン店がいくつもでき、東京・大阪といった大都市圏には何軒もの有名店が進出。
新規の顧客獲得にしのぎを削っています。

このような一種のブームは利用者の広がりを生み、20歳に達しない学生でもサロンに通って施術してもらうことが当たり前となりつつあります。

では、サロンの方では一体何歳から施術の契約を受け付けているのでしょうか?

各店の公式サイトをチェックしてみたところ、以下のような結果となりました——

・銀座カラー……16歳以上

施術条件として「2回以上生理が来ていること」。親の同意書も不可欠。

・キレイモ……制限なし

施術には親の同意書が必要。

・シースリー……10歳以上

施術には親の同意書、及び同行が必要。

・脱毛ラボ……12歳以上

施術には親の同意書が必要。

・ミュゼ……高校生以上

施術条件として「生理が来ていること」。

以上チェックしてみたところでは、親に同意書を書いてもらえばローティーンでも施術が受けられる店と、高校生以上でないと施術不可の店にはっきり分かれるようです。

「生理が来ていること」を条件としているサロンもありますが、これはムダ毛処理の効果がホルモンの影響によって変わってくるため、「ホルモンバランスの安定を待ってから施術すべきだ」という考え方なのでしょう。

ちなみに、サロンと同じように脱毛をおこなう医療クリニックの年齢制限の有無を調べてみると、基本的に親の同意書があれば何歳でも施術可能なようです。

ただ、まだ体が成長しきっていないローティンが本格的な施術を受けても効果は上がりにくいため、医師の方でもやめるようにアドバイスするケースが多いようです。

やはり美容のために脱毛するなら、18歳を越えてからにすべきでしょう。

立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の流れ

脱毛サロンに行く

初めて脱毛サロンに行く時の手続きの流れは?

最近は脱毛サロンも競争が激しくなって、毎月のように色々なキャンペーンを行なっています。

また、まだ施術を受けたことのない初心者向けに格安コースを設けているところがほとんどのようです。

もし初めて脱毛サロンに通うという人は、その格安コースを選ぶのが1番。

そのコースに申し込んで脱毛を体験し、施術の技術やスタッフの対応が気に入ったら、その後に部位や回数を追加していくというのがおすすめです。

もちろん、最初から18回契約といった本格的なコースに申し込むのもいいのですが、どんな不満が出てくるか分かりませんので、やはりお試しから始めるのが無難です。

申し込み方ですが、直接脱毛サロンに電話をするより、公式サイトから手続きする方が割引などの特典があるケースが多いようです。
ですからまず最初にサイトをチェックし、そこから申し込むようにして下さい。

その後の流れですが、申込み時に決めた日にサロンに出かけます。

この1度目の来店で必ず行なわれるのが、カウンセリング。これはどこのサロンでも無料です。

具体的には、脱毛方法の説明、料金プランの案内と確認、肌の状態についての話などが行なわれます。ここではぜひ積極的に、「何回の施術で完了するのか」「永久脱毛ができるのか」「脱毛の機械はどんなものを使っているのか」などを質問しましょう。

これで一日目が終了。あとは予約を取って施術をしてもらうことになります。

施術では痛みがあるか、対応が丁寧か、術後に肌に悪影響はないか、などをチェックしましょう。

これで気に入った場合は本コースを申し込むことになりますし、気に入らなかったらそれで終了。
また他のサロンをサイトでチェックし、再び体験コースを受けてみて下さい。
脱毛サロンは数が多いので、いずれは気に入った店に出会えるはずです。

立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛後のチクチク

かゆくなる

VIO脱毛の後、なぜかゆくなるの?

最近では脱毛サロンでもVIO脱毛のプランを設けるところが急増し、男女問わず施術を受ける人が多くなりました。

ツルツルにすることによってデリケートゾーンが清潔になるため、衛生的にも好ましいのですが、ネットをチェックしていると、「施術の後しばらく経つと、脱毛した部位がチクチクしてかゆくなってきた」という口コミがいくつか投稿されていました。

どうしてこんなことが起こるのでしょうか?

調べてみると、原因として考えられるのはまず「下着との摩擦」。

脱毛前のデリケートゾーンはアンダーヘアでおおわれていて、直接下着に肌が接触する範囲は限られていました。

それが施術後、ツルツルになった肌がショーツなどの布地に直接触れるようになり、その刺激でかゆみが生じてしまうのです。

次に考えられる原因は、「延び始めた毛先が肌に当たる」というもの。

これはVIO脱毛に限りませんが、施術前には長くなった毛をシェーバーなどで処理する必要があります。

その上で光やレーザーを照射してもらうわけですが、1回照射したからといって全部の毛が脱毛できるわけではありません。

うまく脱毛されたように見えても、照射が不十分な毛が大抵残っています。

その毛はシェーバーなどで処理されたわけですから、毛先が尖っています。それが肌に当たってチクチクしてくるのです。

下着との摩擦でかゆみがある場合、肌が摩擦に慣れてしまえば、かゆみも消えてしまいます。

また尖った毛先も毛が延びると丸くなっていくので、これによるチクチクもそのうち解消されます。

かゆみがあまりにもひどいなら、保湿をしっかり行いましょう。

クリームなどで潤いをキープすれば、かゆみを起こしていた乾燥も改善され、症状がマシになります。

立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の注意点

注意すべきこと

施術してもらう時に注意すべきこと

サロンや医療クリニックで脱毛の施術受ける前、避けるべき行為がいくつかあります。それらについて簡単にまとめてみました——

毛抜きやワックスを用いた自己処理

サロンや医療クリニックではムダ毛に光やレーザーを照射し、その毛根部分を弱体化することで脱毛を行います。

ですから、施術の直前に毛抜きやワックスでムダ毛処理を行ってはいけません。毛抜きやワックスを使うと毛根そのものが引き抜かれてしまうので、施術しても意味がないことになってしまいます。

また毛根を抜いてしまうと毛穴にダメージを与え、肌トラブルにつながります。普段からやらない方がいいでしょう。

日焼け

脱毛に使われる光やレーザーはメラニン色素の黒色に反応するようになっています。したがって強い日焼けの肌に照射すると、肌自体が反応して熱をもつ場合があります。

また、日焼け直後の赤くなった肌にも施術はできません。赤くなった肌というのは軽いやけど状態を起こしています。
光を照射すると熱がこもり、炎症が生じやすくなります。

薬の服用

施術前の風邪薬、鼻炎薬、花粉症用の薬、うつ病の薬などの服用は、多くのサロン・クリニックで禁じられています。

なぜかというと、薬に含まれている成分によって、肌荒れや色素沈着などのトラブルを招く可能性があるからです。

インフルエンザの予防接種

予防接種を受けた後の約1週間は、体の中で免疫を作り出す期間。

この時期は体調を崩しやすいため、肌にダメージを与える脱毛の施術は受けない方が無難です。

飲酒

お酒を飲むと血行が良くなるため、施術した後カユミを感じやすくなり、知らないうちに肌をかきむしってしまう場合があります。

無用なトラブルを避けるためにも、施術前のお酒はひかえるようにして下さい。

立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

蓄熱式脱毛器の効果

どんなものかチェック

蓄熱式脱毛ってどんなもの?

20世紀の初めに電気分解脱毛や高周波脱毛法が登場して以来、様々な原理に基づく脱毛方法が考案されてきました。

最近では脱毛人口も増え、新機軸の脱毛機器の開発もさらに盛んになっています。

そんな中、注目を浴びているのが「蓄熱式脱毛」というものです。

現在主流となっている光やレーザーの脱毛の場合、ターゲットとなっているのは毛根部分。高熱によって毛乳頭や毛母細胞を弱体化し、毛の成長を止めていました。

しかし蓄熱熱式脱毛は、毛根の一部である「バルジ領域」だけに熱を照射し、発毛を阻害します。

このバルジ領域は毛乳頭や毛母細胞よりも皮膚の表面に近い場所にあります。発毛に欠かせない細胞と栄養を供給しているところで、ここにダメージを与えれば、いくら毛根が活動しても毛は生えません。

ターゲットの部位を変えることて、色々なメリットが出てきます。

毛根のメラニンに光やレーザーを反応させる方法では、黒い肌、あるいは日焼けのある肌に対して施術ができませんでした。光やレーザーは黒い色にぶつかると熱エネルギーに変わるため、肌にやけどを生じさせてしまうからです。

ところが蓄熱式脱毛だとメラニンは関係ないので、これまで施術をあきらめていた人でも脱毛ができます。

もうひとつのメリットは、施術の際の痛みが軽減されること。

上述したようにこれまでの光・レーザーでは毛穴が軽いやけど症状になり、どうしても痛みを避けられませんでした。

しかし、バルジ領域にダメージを与えるには高熱は必要なく、低い温度で十分。体感温度は38度ほどなので、快適に施術が受けられます。

以上のような様々なメリットのある蓄熱式脱毛。これから普及していくのは間違いありません。

立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛して毛が濃くなるの?

口コミを読んだ女性

「硬毛化」「多毛化」とは?

「ムダ毛を薄くしたくてサロンに通っていたのに、施術してもらううちに逆に毛が太くなったり、増えたりした」

ネットで脱毛サロンの口コミを読んでいると、こういう現象が報告されていました。

これは「硬毛化」「多毛化」というもの。サロン、医療クリニック問わず、施術を続けているうちにごくまれに発生するといわれています。

なぜこんなことが起こるのでしょうか?

実はハッキリした原因については、まだ科学的には解明されていません。

考えられるのは、脱毛の方法が毛根に影響を与えるのでは、ということ。

サロンにしろ医療クリニックにしろ、脱毛する原理は同じです。サロンではIPL(インテンスパルスライト)、医療クリニックではアレキサンドラライト、ダイオード、YAGなどのレーザーをムダ毛部分に照射します。
すると光がメラニン色素に反応し、毛根に高熱が発生します。この熱のせいで組織が壊れたり弱体化し、毛が生えてこなくなるのです。

一般には照射を繰り返すたびにムダ毛は薄くなっていくのですが、体質によってはかえって毛根の活動が活発になり、剛毛状態になってしまう場合があります。
これが硬毛化・多毛化と呼ばれるものです。

これはおそらく細胞の自衛作用によって、1種の突然変異が起こったのだろうと考えられます。

では、対処するにはどのようにすればいいのでしょう?

サロンやクリニックによると、

・強い熱量で施術を行う
・施術時の光の波長を変える
・脱毛を一旦休む
・電気脱毛(ニードル脱毛)を行う

などの対策があるようです。

もし硬毛化・多毛化が起こってしまったら、エステティシャンや医師に相談してみましょう。

立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛して良かったことは?

メリットとデメリット

脱毛のメリットとデメリットとは?

メリット

自己処理の時間が節約できる

何といっても最大のメリットといえるのは、面倒臭い自己処理から解放されること。
毛が濃い人だと毎日処理しなければならず、その時間がムダだと感じている方も多いでしょう。

脱毛してしまえば自己処理をする手間が省け、夏場など外出の時にいちいちワキなどをチェックする必要もありません。また、顔脱毛をすれば産毛がなくなるので化粧のノリも良くなり、その点でも時間が節約できます。

肌のコンディションがよくなり、美肌効果がある

自己処理に使われるのはカミソリ、毛抜き、除毛クリーム、脱毛テープ、ワックスなどですが、いずれも肌への負担が大きく、肌荒れ、くすみ、黒ずみ(色素沈着)はもちろん、毛嚢炎、埋没毛などのトラブルを起こしがちです。
脱毛をすればそれらを使う必要がなくなり、肌のコンディションが確実に良くなります。

さらに脱毛サロンで採用されているIPLは元々肌のケアに使われていたもの。定期的な施術により、脱毛効果だけでなく美肌効果も期待できます。

デメリット

脱毛完了まで時間が必要

サロンの場合、脱毛が完全に終わるまでに2年以上もかかります。予約も取りにくいところが多いので、脱毛完了まで結構根気が必要です。

かなりの費用がかかる

施術には日数がかかるだけに費用もかさみます。全身脱毛なら大体10万から20万円。ただもっと徹底して脱毛しようと思ったら、30万くらいは必要になると考えた方がいいでしょう。

紫外線などを感じやすくなる

もともと毛には肌を保護する働きがあるので、脱毛によって紫外線の影響を受けやすくなったり、刺激を感じやすくなったりします。

顔脱毛の場合は以前よりも肌を痛める可能性が高いので、保湿などに気をつける必要があります。

立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

指の脱毛について

手の甲と指の脱毛について

手の甲と指というのは人目にさらされる機会も多く、そこにムダ毛が生えているとどうしても目立ちます。
自己処理をしている人もいるでしょうが、何度も繰り返すと肌へのダメージも大きく、黒ずみ(色素沈着)などの原因にもなります。

そこでおすすめしたいのがプロの手による脱毛です。施術してくれるところはサロンと医療クリニックがありますが、医療クリニックの方が施術期間が短くてすみます。

通院する回数ですが、5回から6回。料金の方は3万から4万円くらいが相場となっています。

なお、脱毛について知らない人は勘違いしやすいのですが、施術というのは2ヶ月とか3ヶ月というように、決まった間隔をおいて通うのではありません。毛周期という発毛のサイクルが関わっていて、それに従って施術しないと意味がないのです。

毛周期とは、体毛が新たに生え変わる周期を指し、大体1ヶ月から2ヶ月ごとに3つの時期を繰り返しています。

3つの時期とは——

・成長期

その名の通り、毛が育ち、皮膚の外側に延びてくる時期。

・退行期

毛の成長が止まり、毛乳頭から離れ始めた時期。

・休止期

毛が完全に毛乳頭から離れ、少しの刺激でも抜け落ちてしまう時期。

実はすべての毛を施術したいと思っても、可能なのは成長期のムダ毛のみ。

退行期や休止期の場合、その毛が現在表面に出ていても抜け落ちるのを待たなけれなりません(成長期にある毛はわずかに全体の20%です)。

このようにターゲットとなる部位の脱毛を終えるには、全ての毛の成長期を待つ必要があります。

手の甲と指の場合、初期の3回は3ヶ月おき、そして4回目以降になると5ヶ月、6ヶ月と日数をかなり空けて通院することになります。

脱毛によって手をキレイにし、自己処理によるダメージから肌を守りましょう。

立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ