脱毛コラム

どうやってメンズ脱毛サロンを選ぶか?

以前、脱毛は、高額な料金のせいで「お金持ちの奥さんだけがやるもの」というイメージがありました。その後、施術料が少しだけ下がりましたが、「勧誘がイヤになるほどしつこい」「施術の痛みが耐え難い」といった口コミもあり、やはり特殊な美容術という印象はぬぐえませんでした。

ところが脱毛技術の変化とそれに伴う大幅な値下げによって事情が一変。
サロンやクリニックの数が急に増え、ローティーンの女の子までが施術してもらう時代になっています。

しかもこの脱毛ブームは女性だけでなく、男性も巻き込んでいるとか……。実際、男性を顧客とする専用脱毛サロンも何軒かあり、相当な盛況ぶりを見せています。

ヒゲや体毛が悩みという男性は「一度施術してもらいたい」と思っているでしょうが、脱毛についての知識がないために二の足を踏んでいる人も多いようです。

そこでこのサイトでは、メンズ脱毛サロンを特集し、幅広い情報を紹介していきたいと思います。脱毛にチャレンジしたい男性は、ぜひ店舗選びの参考にしてください。

脱毛の歴史、そして光脱毛

脱毛の歴史
脱毛というと、「特別な針を毛穴に入れ込み、そこに電気を流す」という施術場面を頭に浮かべる人が今でもいます。

実はこのイメージは間違いではありません。
実際に20年くらい前まで、サロンでは針状の電極(プローブと呼びます)を毛穴に差し込むという原始的ともいえるやり方で、脱毛をおこなっていたのです。

ここで脱毛の歴史を簡単に振り返ってみましょう。

クレオパトラの時代からおこなわれていた脱毛

文明を作り上げると、人間はすぐにムダ毛を処理するという行為を始めました。文献によれば、紀元前3000〜4000年頃の地中海沿岸、あるいは古代オリエントの女性は、硫黄や石灰などを混ぜ合わせた脱毛剤を使用していたそうです。

そして紀元前1500年ごろになると、エジプトで油、蓮の葉、カバの脂肪を用いた脱毛剤が使われ、あの史上に残る美女・クレオパトラも薬でムダ毛の処理をおこなっていました。

以後、近代を迎えるまで、ムダ毛処理は女性のたしなみのひとつとしておこなわれていきますが、自然由来の薬剤か、毛抜のような道具を使うだけで、目立った方法の変化はありませんでした。

電気による脱毛が始まる

しかし電気のパワーが注目され始めた19世紀末、ようやく脱毛にも科学的な技術が応用されます。
そのスタートとなったのが、アメリカの眼科医チャールズ・ミッチェルが始めた「電気分解脱毛法」でした。

1869年、セントルイスの開業医だったミッチェルは、逆さまつ毛の処理のためにプローブを用い、毛根に含有される水酸化ナトリウムの凝固化に成功します。これで発毛機能は破壊され、逆さまつ毛の成長がストップしたのです。

1875年になってミッチェルがこの治療方法を論文として発表すると、他のパーツの毛を同じやり方で脱毛する医師が現れ、「電気分解脱毛法」は合衆国全体に普及していきます。しかし、この方法は細いプローブを手作業で毛穴に入れていくため、非常に時間と手間がかかりました。

それでもうまくいくと一生毛が伸びてこないためにこの方法は世界に広がり、機械化されたものが日本にも入ってきました。
そして「美容電気脱毛」(別名「ニードル脱毛」)と名付けられ、当時最も人気のある脱毛方法となったのです。

特殊な光を用いた脱毛方法の登場

ところがこの美容電気脱毛の欠点をカバーする方法が出現します。それが特別な光を用いた脱毛方法です。

この方法は、毛根に接触せずに脱毛する、という点で革命的でした。波長をアレンジされた特別なライトは、ひとつの色だけに作用する性質を持っています。これによって、ムダ毛に含まれる黒いメラニンにそのライトを吸収させます。
するとライトは熱エネルギーへと変わり、その熱によって発毛組織がダメージを受けてしまうのです。

この光を用いた脱毛方法は、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2つに大別できます。

そして脱毛サロンの大部分で導入されているのが、光脱毛です。

光脱毛にはどんなものがある?

ここで光脱毛について、もっと詳しく紹介しましょう。

光脱毛には様々なライトが使われますが、ほとんどの光は施術部位に当たると毛に3%含まれているメラニン色素に反応します(この時、周りの細胞には直接の影響を与えません)。

ライトはその反応によって高熱に変化。その熱が発毛機能にダメージを与え、毛が伸びるのを防ぐわけです。この熱によってムダ毛自体も抜け落ち、照射を継続することで部位全体が無毛状態になります。

現在、光脱毛には「IPL方式」、「SSC方式」、「ハイパースキン法」、「SHR方式」という4種類があります。それぞれの特徴を解説しましょう。

まず、IPL方式。これはサロンで最もポピュラーと言える脱毛方法です(店によっては「フラッシュ脱毛」とも呼んでいます)。照射の目標とするのは発毛を促す毛乳頭とその周辺の細胞で、2、3ヶ月に1回という頻度で照射しているうちに、徐々に効果が実感できます。

欠点は少しだけ痛みがあること。ただ輪ゴムで肌を弾いたような感じで、我慢出来ないようなものではありません。

続いてSSC方式。この方式の目立つ特徴は使用するライトにあります。IPL方式ではキセノンランプという光源を用い、インテンスパルスライトと呼ばれる光線を射出します。対してSSC方式では、クリプトンライトというものを使います。

インテンスパルスライトは単独でも脱毛効果がありますが、クリプトンライトはそれだけでは何もできません。

ではどんなふうにムダ毛を処理するのかというと、まず施術する肌に専用ジェルを塗ります。

その上でライトを射出すると毛包が損傷を受け、発毛が止まるのです。

SSC方式の最大の長所は、光の威力が多少弱くても効果がある、という点。ジェルとの併用によって毛を処理するため、高熱でなくても施術は可能です。したがって痛みもさらに軽微になります。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」ですが、これらは新機軸の脱毛方法。2つともバルジ領域という毛根の一部をターゲットとするところが、これまでの方法と違っています。

特にハイパースキン法はメラニン色素を目標にしないで施術できるのが大きな利点。痛みが全くないため、子供さんでも施術可能です。

医療脱毛とどう違うのか?

医療脱毛とどう違うのか?
上の文章では、脱毛方法の移り変わりと光脱毛の種類について述べました。
そこで言った通り、現在ではほとんどの脱毛サロンで光線を使った施術がおこなわれています。

ところで、医療脱毛クリニックの方では、IPLやSSCなどではなく、「レーザー脱毛」という方式を使っています。これは光脱毛とどんな点が違うのでしょうか?

レーザー脱毛というのは、名前通り、レーザー光線を照射する施術方法です。元来レーザー光線は、波長に応じて一つの色に作用する性質を持っています。つまり、赤、黒、青といった色のついたモノがあれば、その色の箇所に局所的にダメージを与えられるわけです。医療現場でも、この特性を応用した手術などがおこなわれています。

光脱毛とレーザー脱毛の目立つ相違点は、毛母細胞や毛乳頭に損傷を与える威力です。

レーザー光は、光脱毛のIPLなどよりも波長が長く、肌に埋もれた毛根に確実に届きます。そのため発毛器官は100%死滅する場合が多く、脱毛効果が一生続く確率が高くなります。

それだけレーザーのパワーは強烈で、医師免許を持った人間でないと機器が操作できません。

ただレーザーの施術は強い痛みが伴うことが多く、肌が弱い人は炎症の危険性もあります。

光脱毛の良い点・悪い点

良い点・悪い点

良い点

光脱毛の最大の長所は、何と言っても費用が安いこと。

医療クリニックのレーザー脱毛と比べれば、1回あたりの費用が半分以下のこともあります。

また、光脱毛のスタッフには特別な資格は必要ありません。上で書いたように医療レーザー脱毛の場合は医師でなければマシンが操作できませんが、サロンならすべてのエステティシャンが操作可能です。
つまり、より多くの客を施術できるため、予約が入れやすくなっています。

クリニックの大きな短所は予約が取りにくいことですが、サロンなら「契約後の最初の施術が数ヶ月先」ということもまずありません。

次の長所は肌への刺激が少なく、脱毛時の痛みがたいへん軽微なこと。そのため、痛みを避けたい人、皮膚が弱い人にはもってこいです。

レーザー脱毛は、レーザーの威力が強烈なために痛みも強くなります。そのため、レーザーの射出時には笑気麻酔などの麻酔を使うこともありますが、光脱毛ではその心配はありません。

麻酔使用には追加料金がいることが多いので、その点でも光脱毛は助かります。

そして最後の長所ですが、光脱毛には多くのプランがあるため、自分の希望に沿った施術内容にできます。

部分脱毛、全身脱毛の選択は当然のことですが、店によっては他のエステコースを加えることも可能です。

悪い点

光脱毛は「脱毛」とはいうものの、実は「減毛」「抑毛」という方がふさわしく、施術しさえすれば毛が伸びてこない、というわけではありません。

ただ毛が再び生えるにしても、直径が細くなったり、発毛機能が弱体化したりするので、施術効果が完全になくなるわけではありません。

また、光脱毛だと施術が終わるまで長い期間が必要です。

光脱毛は光の出力が低いため、1回の施術で得られる効果はそれほどでもありません。そのため何度も施術に通う必要があり、コースによっては、クリニックの数倍くらい日数がかかります。

回数や日数が多くなると、レーザー脱毛より費用が高くなる可能性もあるので注意が必要です。

そしてもうひとつのデメリットに、産毛や色の薄い毛には効果があがりにくい、ということが挙げられます。

産毛や色の薄い毛はメラニンが少なく、光線が作用しにくくなっています。そのため、サロンで処理しきれない場合は、レーザー脱毛かニードル脱毛をおこなう必要があります。

サロンを選ぶ時のポイント

選ぶ時のポイント

費用の体系は?

サロンはたくさんの店があるだけに、料金体系も様々です。ただ2分すると、「月額制」と「ローン」に分かれます。

ムダな出費を抑えたい場合は「月額&定額制」を選びがちですが、施術期間が長くなるとかえって高額になることもあります。

また「月額制&回数無制限」だとひどくリーズナブルな気がしますが、施術に通う回数がどれくらいかによってお得感は違います。
「1回あたりの時間」の確認が必要でしょう。

たとえば施術が1週間に1回、そして1回10分だとすると、「1ヶ月あたり40分」が施術時間となります。40分でどれほどの範囲を処理できるかによって、料金がお得かどうか、判断がつきます。

また、通う人の多いサロンは予約が取りにくいため、結果的に月4回も行けないことになりがち。

契約してからガッカリしないためにも、事前にたくさんの情報をチェックしておきましょう。

希望部位の料金を確認する

サロンで「〇〇を脱毛してもらうと、いくらぐらいですか?」と訊ねると、「普通は〇円です」などという返答が戻ってくると思います。
ただ女性客が中心の店だと、その答えには注意が必要です。

というのも女性よりも男性の方が毛が太く、量も多いため、通常よりも料金がかさむことが多いのです。

毛質・毛の量を調べて、なるべく正しい料金を算出してくれるサロンもあるかもしれませんが、女性より高い料金になりがちだということを覚悟する方がいいでしょう。

「追加料金」はいるのか?

月額制やローンで支払う金額のほかに、追加料金がいるのかどうか、しっかり調べておきましょう。

サロンに通うと、店の商品を使ったケアを勧められることがあります。それがコース代金に含まれているのかどうか、理解しておくことが大事です。

延長する場合の費用はどうなっているか?

契約分の施術回数は完了したものの、まだ納得できない人は、追加で施術できます。

その際、ローンだと「契約は○円、追加施術だと○円」と施術コストが固定されているサロンがあります。追加施術があまりに高いと困りますので、事前にチェックしてください。

以上、脱毛希望の男性のために、脱毛方法とメンズ脱毛サロンの情報を紹介してみました。

冒頭で述べたように、現在、脱毛はブームといえる状況です。それだけサロンも多くなり、顧客を獲得しようと必死です。値引きサービスもよく実施されているので、公式サイトなどを調べて、お得に施術してもらうようにしましょう。

医療脱毛クリニックの賢い選び方とは?

むかしは「金持ちだけがやる贅沢」と思われていた脱毛も、脱毛技術と美容意識の向上、そして料金がグッと格安になったこともあって、かなり一般に広がりました。
電車内のつり革広告やタレントが出演しているテレビのコマーシャルを見て、「自分も試しに脱毛しようか」と考える人もいるでしょう。

脱毛を決心したら、脱毛サロンか医療クリニックのどちらかを訪ね、そこに数ヶ月(あるいは数年)通うことになります。店舗の数が段違いなことから、以前はサロンで施術する人が多かったのですが、最近は医療クリニックの良さを知る人が増え、その利用者も多くなってきました。

そこでこのサイトでは、「これから脱毛してみたい」という人のため、医療クリニックについて紹介することにしました。
その脱毛技術やメリット・デメリット、医院を選ぶ際のコツ等について、以下のいくつかの項目で詳しく述べていきます。

医療クリニックにおける脱毛とは

医療クリニック
上で説明したように、プロの手で脱毛してもらうにはサロンと医療クリニックのどちらかに行く必要があります。
両方ともプロ仕様のマシンを使ってムダ毛処理をする点は同じなのですが、違う部分もずいぶんあります。

では医療クリニックの特徴とは、どんなところなのでしょう?

1)レーザー光線によって脱毛をおこなう

第一の特徴ですが、医療クリニックではレーザーライトを使ってムダ毛の脱毛をおこないます。
このレーザー脱毛技術は、ハーバード大学のアンダーソン教授の「選択的光熱凝固理論」によって開発されたもので、紀元前から続く脱毛の歴史の中でも時代を画する出来事でした。

それまでの脱毛というのは、プローブという特殊な針を用いたものがメインで、ニードル脱毛、あるいは美容電気脱毛と呼ばれていました。これはアメリカで逆さまつ毛を治療するのに使われたのが始まりで(約150年前のことです)、毛穴にプローブを入れ、電気を流して発毛を阻害します。

脱毛効果が高いという点でこの方法は優れているのですが、なにしろ1本1本を手作業で処理するために時間がかかり、料金もそれだけ高くなってしまいます。しかも痛みというのが相当強烈で、施術される側はそれに耐えなければなりません。

この状況に大変化をもたらしたのが、レーザー脱毛の登場でした。

レーザー脱毛は、単一の波長を備えたライト(レーザー)を増幅し、直接ムダ毛の生えている肌に照射する方法です。もともとレーザー光線は、波長の長さに従って異なった色にアプローチする性質を持っています。
つまり、赤、黒、青といった色のモノがあれば、波長を変えることで特定の色だけに熱を集中的に加え、その細胞にダメージを与えられるわけです。
このレーザーの機能は様々なところで用いられ、医療現場でも活用されています。

脱毛では、皮下の毛の黒いメラニン色素がターゲットになるよう、波長を合わせます。肌にそのレーザー光線を当てると、皮下のメラニン色素に光線が吸収されて高熱が生じます。すると毛が伝導体の役割を果たし、その高熱が毛包全体に伝わっていきます。
やがてその熱がもっと拡大すると、毛の成長に関わる毛球部の毛母細胞を破壊することになり、発毛をストップできるのです。

この脱毛方法の長所は、波長が単一のレーザーがメラニン色素のみに作用し、表皮や周辺細胞に影響を与えないという点。 おかげで肌に直接レーザー光線を照射することができ、ニードル脱毛とは比較にならないスピードで処理がおこなえます。

最初はレーザーの種類はひとつだけでしたが、今ではYAG、アレキサンドライト、ダイオードなど、波長の違う光線を照射できるように機器がいくつもそろっていて、脱毛部位や毛のクセに合わせて変えられるようになっています。

2)永久脱毛ができる

脱毛というと「一度施術してもらえば、そのパーツからは死ぬまで毛が伸びてこない」と思い込んでいる人がいます。

しかし、毛根というのは回復力のある器官で、その発毛機能は多少のダメージを受けても短期間で復活します。1回レーザー光線を当てただけでは効果も薄いですし、毛には毛周期という発毛サイクルがあるため、それに応じて施術を何回も繰り返す必要があります。そうやって照射を長期間つづけるうちにムダ毛が減少し、部位が無毛状態になってきます。

サロンでも、医療クリニックと同じように光を照射して施術をしますが、その照射出力が相当低いため、発毛機能は一時的に弱体化するだけです。そのために数年ほど経つと毛根が元気になり、毛がまた生えてしまいます。

その点、医療クリニックでは圧倒的な威力を持つレーザー光線を使うため、施術対象のムダ毛が復活する割合は低くなっています。
つまりいわゆる「永久脱毛」が可能なわけです。

3)必ず医師が器械を操作する

上でも解説した通り、サロンで使われる機器は光を用いて毛根にダメージを及ぼすものではありますが、レーザー脱毛ではありません。レーザー光線とサロンの光とでは、パワーにおいて砲弾と銃弾ほどの相違があります。「危険性がかなり低い」とされているので、サロンでは施術するのに特別の資格はいりません。

ところがレーザー脱毛の場合、人間の細胞を破壊するほどの威力を持っていますから、操作ミスをすると大ケガにつながりかねません。そのためマシンを操作するのは、いざという時に治療ができる医師に限られています。
もちろん、事故に際して応急処置ができる器具もそろっていますから、その点は安心できます。

医療脱毛のメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

・医者がマシンを操作するために、事故があっても安心できる
・脱毛効果が段違いに優れていて、施術部位が完全にツルツルになる
・サロンに比べて施術回数が少なく、脱毛完了までの期間も短い

デメリット

・格安プランの多いサロンと比べると、料金が段違いに高い
・レーザー光線を照射された時に感じる痛みが、相当強い
・美容外科を兼ねているクリニックがあるので、「整形をやっている」と勘違いされる

医療クリニックと脱毛サロンの違いはどんなもの?

違いはどんなもの?
上のセクションで、クリニックと脱毛サロンの違いについて少しだけ書きましたが、ここでさらにいくつかの相違をまとめておきます——

料金

脱毛サロンは昔からよく雑誌に広告を出していますが、そこには大きな活字でその時々のキャンペーンとその価格が書かれています。これで分かるように、サロンのセールスポイントはその格安な料金にあります。

一方、医療脱毛クリニックの施術料は滅多にディスカウントされず、上記の「デメリット」のところで書いたように安いものではありません。

ここで、脱毛完了までの施術料の相場がいくらくらいなのか、脱毛サロンと医療クリニックの具体的な数値を一覧にしてみましょう。

まず脱毛サロンです。全国でチェーン展開をしている20社の公式サイトから、パーツごとの平均費用を計算してみたところ——

・全身…164,700円
・ワキ…16,833円
・顔…41,033円
・VIO…58,633円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・うなじ…19,000円

という結果になりました。

次に医療クリニックです。こちらはネットで言及されることの多い20院の平均料金を算出してみると——

・全身…401,945円
・ワキ…14,825円
・顔…131,325円
・VIO…67,975円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・うなじ…57,250円

という金額になりました。

以上ですぐ分かるように、医療クリニックは脱毛サロンよりもはるかに施術料が高くなっています。特に顔脱毛は極端で、クリニックでの料金はサロンの3倍以上となります。

効果

上述したように、脱毛サロンとクリニックでは脱毛方法が異なるため、その効果もまた違ってきます。

脱毛サロンの場合、現在よく採用されている方式は、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つ。

IPL脱毛はサロンの脱毛方法の中でも1番人気のあるもので、光脱毛、フラッシュ脱毛とも呼ばれます。1回で照射できる範囲が広いため、施術もスピーディー。足や背中などの部位の脱毛に向いています。
しかも光の威力が制限されているために、痛みもチクリとする程度です。

他の方法もそれぞれ利点・難点がありますが、実はサロンの脱毛処理は「減毛」「抑毛」にすぎません。確かに一旦はツルツルになるものの、その状態は数年しか続きません。

一方、医療クリニックではレーザーによって脱毛をおこないます。

レーザー光線には、YAG、ダイオード、アレキサンドラライトといったものがあり、別々の波長を持っていますが、その威力はいずれもサロンの機器とは比較になりません。

確実に効果を上げたいなら、やはりクリニックで脱毛すべきです。

保証

保証に関しては、脱毛サロンと医療クリニックでほとんど差はない、と言い切っていいでしょう。

満足がいくまで何年間も通い続けられる「永久保証」、決められた日数だけ有効期限を延ばせる「期間保証」、コース解約の時に一部の前払い金を返してくれる「返金保証」などは、サロンでもクリニックでもやっています。

ただ、その保証の数や条件はクリニックによってかなり異なりますので、公式サイトを必ずチェックしておいて下さい。

その他

サロンと医療クリニックの差について、案外重要なのが支店(支院)の総数です。

「何が重要なの?」と不思議に思う人もいるかもしれませんが、脱毛というのは発毛サイクルに合わせて施術をおこなうため、どうしても完了するまで時間がかかります。つまり短くても数ヶ月、さらに全身脱毛のようなプランを選ぶと、数年間は施術場所に通う必要があります。

そうなると通い続けるうちに、生活環境が変わる可能性も出てきます。転勤や引っ越しがそのケースですが、転居先にこれまで通っていたクリニックやサロンの支院・支店がないため、前払いした契約金&施術料が無駄になる可能性があります。

部分脱毛ならまだあきらめもつきますが、全身脱毛のコースなど、前払い金も相当な額です。転居によってそれが無駄になるのはかなり悔しいでしょう。

有名なサロンだと、全国の主だった都市に支店を開設しているケースが多く、引っ越しの後も脱毛を続けられる可能性があります。ところがクリニックだと経営規模が小さく、支院数は片手で数えるだけ、ということが少なくありません。

そんな事実を考えれば、仕事などで引っ越しを繰り返す場合、北海道から沖縄まで支店を設けているサロンを選ぶべきかもしれません。

医療脱毛クリニックを選ぶ時に留意したいポイント

留意したいポイント

料金は安いか?

クリニックで施術を受けると決めた時、やはり1番に気になるのはその施術料です。

医療クリニックの料金は大抵、サロンより高めなのですが、たとえばテレビでコマーシャルを流している「湘南美容外科クリニック」など、初回の部分脱毛が相当リーズナブル。6回の両脇脱毛がわずか1,000円でできます。

その他にもプランやパーツによって料金を格安にしているクリニックがあるので、ぜひチェックしてみてください。

施術時の痛みはどうか?

クリニックの大きな難点となっているのが、施術時に感じる痛みです。最近では痛みを弱めるため、新機軸のマシンを使っているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では部位を冷やしながらムダ毛を処理できる「ジェントルレーズプロ」を導入しています。これなら痛みははるかにマシですし、麻酔も無料でかけてもらえます。
痛みが苦手な人には最適でしょう。

支院の数はどれくらいか?

そのクリニックの支院がどれくらいあるか、というのも重要な情報です。

顧客が多い、ということで信頼度が高まりますし、支院が多いと予約もぐっと取りやすくなります。

「リゼクリニック」などは全国に支院が多く、引っ越したところでもそのまま施術を続けられる可能性が高くなります。

以上、医療脱毛クリニックについて、その脱毛方法やサロンとの比較など、色々な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか。

高い料金や堅苦しいイメージのせいで、クリニックはサロンより足を向けにくいと思います。
でも強い脱毛効果を望む人にとっては、クリニックでの施術に勝るものはありません。

どうかこれまで紹介した情報を参考にして、自分に合ったクリニックを選んでください。

損をせずに家庭用脱毛器を選ぶ方法は?

テレビで盛んにコマーシャルが流されているので分かる通り、最近はちょっとした脱毛ブームです。
毎月のように脱毛サロンが新規オープンしているばかりでなく、自分自身で脱毛してみようと、家庭用脱毛器を買ってみる人も増えています。

「以前から脱毛に興味があるし、試しに買ってみようかな」と考えている人もいるでしょう。ただ、決して安い商品ではありませんし、機器の種類も豊富で目移りするほどです。失敗しないためにもそのメリット・デメリット、また自分に合う機種かどうかもしっかり知っておくべきでしょう。

そこでこのサイトを立ち上げました。
以下、家庭用脱毛器に興味がある人のために、その特徴や選び方についてなるべく詳細に説明していこうと思います。

家庭用脱毛器って一体どういうもの?

以前、自宅で脱毛をする時は、カミソリ、毛抜き、脱毛テープ、除毛クリーム、ワックスといった簡易な道具、ツールを使うしか、方法がありませんでした。

それらのものはいずれも便利ではありますが肌や毛穴への刺激が強く、長い期間に渡って使い続けていると、肌荒れ、くすみ、黒ずみ(色素沈着)はもちろん、埋没毛や毛嚢炎といった深刻なトラブルを起こす可能性が高くなります。

それを避けたい人は、脱毛の専門家のいるサロンや医療クリニックで施術を受けるわけですが、何しろ数ヶ月〜数年も通い続ける必要があるので、途中でイヤになる人も少なくありません。またその契約料や料金も安いとは言えないものです。

家庭用脱毛器の登場は、そういう人たちにとって待ちに待ったものでした。家庭用脱毛器は、サロン・医療クリニックと同じ方法でムダ毛を処理します。
つまり特別な光で毛根だけに損傷を与えるため、肌への負担はカミソリや毛抜きとは違って軽微ですみます。

肌トラブルを心配することなく、家庭で脱毛できるというのは以前では考えられないことで、家庭用脱毛器がすぐにベストセラーとなったのも、今までムダ毛処理に苦労している人がそれだけ多かったためでしょう。

価格に関しても、サロンや医療クリニックに施術に通うよりもはるかにリーズナブルですみます。ただ、そうはいっても安い機種でも2万円近くするために、いざ買う段になると慎重にならざるを得ません。

以下の情報をしっかり頭に入れて、自分の用途に合ったものを選ぶようにして下さい。

家庭用脱毛器を選ぶ時はどういう点に注意すべきか?

どういう点に注意すべきか?
家庭用脱毛器は美容器具としても特殊なものです。「デザインが素敵だったから」「価格が安かったから」といった理由で購入を決めると、後悔する場合が多いようです。

家庭用脱毛器選びで後悔しないためのコツを3つほど挙げてみます——

使い勝手はどうか?

家庭用脱毛器の感想をネットで調べると、

「『脱毛効果がいい』と聞いたので購入しました。使い始めてみると、持ち手の部分が重すぎて疲れてしまいます」

「照射面積が狭く、1回の処理にやたら時間がかかります」

「動作音が思った以上に大きいので、夜中になると使えません」

などの口コミが結構見つかります。これらのように「使用感が良くない」という理由から、せっかく高い出費をしたのにいつの間にか使わなくなってしまった、という人もいるようです。

こんな事態を避けるためには、最大出力レベル、照射面積、連射機能については購入前に必ず調べるようにしましょう。また、近所に大きな家電店があるならお目当ての製品を実際に触ってみて、その重さなどをチェックした方が無難です。

コストパフォーマンスは優れているか?

家庭用脱毛器を購入する時によく聞くのは、本体の価格だけに気を取られて付属品の維持費をチェックし忘れ、失敗してしまうというパターン。

家庭用脱毛器は安価な2万円台のものから、10万円以上の高級機種までいろいろありますが、使用するたびに目減りしていくカートリッジなどのコストを忘れてはいけません。

買う前に、本体価格に加えてランニングコストが一体いくらなのかをしっかり確認しましょう。

脱毛効果をしっかり知っておく

脱毛サロンと医療クリニックでは脱毛方式が異なりますが、家庭用脱毛器でも機種によって違う方式が使われています。現在主流なのは、フラッシュ脱毛方式、レーザー脱毛方式、超音波脱毛方式などですが、それぞれメリット・デメリットがあります。

脱毛するパーツやどういう効果を期待するのかは使う人によって違いますから、それらの方式について得意なことと不得意なことを知っておいた方がいいでしょう。

また、「顔やデリケートゾーンのような敏感な部位にも使えるか」「打ち漏れなく脱毛できるか」などの細かい事も、なるべく確認しておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果という3つのファクターはきっちり押さえておいてください。

家庭用脱毛器を使うメリットとデメリット

メリットとデメリット

家庭用脱毛器のメリット

・時間に縛られず、手の空いた時に好きな部位をムダ毛処理できる
・医療クリニックやサロンと契約する必要がなく、比較するとかかる費用も安い
・脱毛器の出力レベルを自分に合ったレベルに調節できるので、痛みも軽微

家庭用脱毛器のデメリット

・家電としては本体価格が高めで、付属の消耗品を購入し続ける必要がある
・海外で作られた機種には日本人向けでないものがあり、安全かどうか分からない
・サロンや医療クリニックには脱毛効果の点でどうしても劣る
・見えにくい部位や手が届きにくい部位は、他人に手伝ってもらわないと脱毛できない
・もし使用して火傷や炎症などの肌トラブルが生じても、自己責任になってしまう

家庭用脱毛器を用いた永久脱毛は可能?

永久脱毛は可能?
脱毛サロンやクリニックで施術に使用されている器械と家庭用脱毛器は、原理的には同じものです。

両方とも毛根の発毛機能にダメージを加える特殊な光を当てるわけですが、火傷などのトラブルが生じないように照射パワーが抑えられているので、現時点では永久脱毛はできません。

なお、勘違いしている人がいるのですが、サロンでおこなわれている脱毛というのは正確には「抑毛」にしかすぎません。
したがって数年経過すると、施術した部位からムダ毛が再び伸びてきます。

永久脱毛をしたいのなら、レーザー脱毛器を備えている医療クリニックに行きましょう。

家庭用脱毛器で使われている脱毛方式はどんなもの?

脱毛方式はどんなもの?
家庭用脱毛器で使われている脱毛方式には、以下のように数種類あります——

フラッシュ式

こちらはサロンの器械と同じ仕組みになっています。特殊なIPLというライトを肌に当て、毛乳頭、毛母細胞などの毛根の発毛機能に損傷を与えて脱毛します。

この方式のメリットのひとつは、他の器械より照射口が大きいこと。つまり1回で照射できる面積が大きく、ショット数が少なくても広範囲でムダ毛処理ができるということです。
時間と費用が省けるため、全身脱毛などにはピッタリです。

また照射パワーは比較的小さく、肌が不必要に熱くなることもないため、処理時の痛みもかなり軽くすみます。

完全な脱毛までに時間が必要な点がデメリットですが、それでも1年ほど経てば自己処理がいらないほど毛が薄くなります。

レーザー式

顔の一部や指のような狭いパーツのムダ毛を脱毛したい、という場合はレーザー式がもってこいです。

レーザー式脱毛器は、仕組み的には医療クリニックの器械と同じです。
照射されたレーザーライトが、IPLと同様に肌を素通りしてムダ毛の黒いメラニンに反応。熱エネルギーへ変って毛根に大きなダメージを与えます。

照射口が狭く、ライトのパワーが集中するため、脱毛効果がフラッシュ式よりも高くなります。

そのために脱毛に必要な日数も短縮され、2週間に1回のペースで照射をおこなえば、3ヶ月ほどで効果が実感できます。

ただ足などのようにムダ毛が広範囲にある場合、1回あたりの照射には手間がかかり、打ち漏れも起こりやすくなります。

また、大きな欠点といえるのが、照射時に生じる痛みです。「思った以上に痛かった」「照射前に不安を感じてしまう」といった口コミが目立ち、痛みに弱い人は使いにくいかもしれません。
特に肌が薄くなっているVIOのような部位では、出力調整に注意が必要です。

また、ライトがシミ、ホクロ、日焼けといった色の濃い箇所に反応して熱を生じることがあります。火傷になると大変なので、それらの部分は照射を避けてください。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器がフラッシュ式やレーザー式と違うのは、光は使わないという点。先端がピンセットの形状をしていて、そこでムダ毛を挟んで脱毛します。

ムダ毛が抜けていくのは高周波の作用によるもの。ですから、毛穴に負担をかけずに脱毛ができます。ただ処理は一本ずつになりますから、広い範囲に使いたい時は時間がかかります。

「時間をかけるのはイヤ」という人は、フラッシュ式やレーザー式の方が向いているでしょう。

なお、上記のものとは種類が異なるのですが「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の脱毛器についても説明しておきます。

サーミコン式脱毛器は、サーミコン(熱線)でムダ毛を処理します。毛根はそのままに、肌の表面から伸びている部分を処理するだけです。

ただ丸い毛先になるので、カミソリで処理した時のチクチク感がイヤな人には向いています。

最後に「ローラー式」ですが、ローラーヘッドを肌に滑らせてムダ毛を挟み、そのまま引き抜く、という単純な方法を取っています。

毛抜と同じですが、広範囲を一気に脱毛できるところが長所です。もちろん毛穴や肌に刺激を与えることになるため、あまりおすすめはしません。

家庭用脱毛器の価格はどれくらいなの?

価格はどれくらいなの?
家庭用脱毛器というのは、いくらくらいで売っているのでしょうか?

公式サイトを参照し、人気のある家庭用脱毛器の値段をまとめてみました——

ノーノーヘア…12,800円

エピレタ…17,800円

センスエピX…29,800円

ラヴィ(lavie)…39,800円

トリア…54,800円

ローワン…54,800円

フィリップス…66,880円

2PSクリスタル…69,800円

ケノン…69,800円

ダブルエピ…81,000円

レイボーテグランデ…108,000円

こうして見てみると、2万以下の格安品から10万円以上の高級品まで、価格はバラエティに富んでいます。

脱毛方法は大抵がフラッシュ式ですが、トリアがレーザー式、そしてノーノーヘアはサーミコン(熱線)式です。

上述したように、購入の時はカートリッジ等の消耗品の価格を考慮しなくてはいけません。
これらのアクセサリーは、長期間使うつもりなら必ず購入し続ける必要があります。

購入前に、本体価格ブラス消耗品のランニングコストがどれぐらいになるか、自分で詳しくチェックしておきましょう。その数値を参照することで、初めて本当の値段の差が分かります。

たとえば上に記した機種のうち、特にポピュラーな4つについて、そのランニングコストを以下にまとめてみると——

・ケノン
ワンショットの単価…約0.15円
照射面積…9.25平方センチ

・ラヴィ(lavie)オールインワンセット
ワンショットの単価…約0.2円
照射面積…7.4平方センチ

・トリア
ワンショットの単価…約0.06円
照射面積…1平方センチ

・センスエピX
ワンショットの単価…約0.09円
照射面積…2.7平方センチ

となります。

この数字を見て、「ワンショットの価格の差なんて大したことない」と思う人がいるかもしれません。しかし家庭用脱毛器は、効果を得るために2週間に1度は使い続ける必要があります。つまり、ワンショットなら0.1円ほどのわずかな額でも、度々使うことでそのコストは思った以上にかかってしまうのです。

また、案外チェックされないのが「照射範囲」です。1回での照射範囲が広いとそれだけショット数は減少しますから、その分ランニングコストは少なくてすみます。

トリアなどはレーザー式なので、かなり狭い範囲にしかライトを当てられません。フラッシュ式のケノンやラヴィに比べ、照射面積は半分以下です。

脱毛したいパーツが広い人は、各機種のワンショットにおける単価と照射面積がいくらくらいか、よくチェックしておきましょう。
その上でなるべくリーズナブルなものを選んで下さい。

以上、かしこい家庭用脱毛器の選び方について解説してみました。いかがだったでしょうか?

上述したように、家庭用脱毛器はフラッシュ式、レーザー式といった脱毛方式によって用途や効果が違ってきます。
また本体の値段ばかりでなく、消耗品のランニングコストをあらかじめ考慮に入れるのも忘れてはいけません。

このページを参照しながら自分の予算・目的に合った機種を選び、快適な脱毛生活を楽しんでください。

効果が高くて安い背中脱毛サロン@立川

【2019版】背中脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@立川

立川で背中脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ

ミュゼ

立川にあるミュゼの店舗情報

立川南口店 東京都立川市柴崎町3丁目7-24
MYビル4F
立川北口店 東京都立川市曙町2丁目6-10
ナカムラビル5F

立川のミュゼの店舗イメージ

立川のミュゼで
無料カウンセリングを予約する

C3(シースリー)

C3(シースリー)

立川にあるC3(シースリー)の店舗情報

立川通り店 東京都立川市高松町3-14-14 立川OSEビル5F

立川のC3(シースリー)の店舗イメージ

立川のシースリーで
無料カウンセリングを予約する

ジェイエステティック

ジェイエステ立川

立川にあるジェイエステティックの店舗情報

立川店 東京都立川市曙町2-7-19 モノリスビル 3F
立川駅北口から徒歩1分 ビックカメラ向かい、ドコモショップ隣り モノリスビル3F

立川のジェイエステの店舗イメージ

立川のジェイエステで
無料カウンセリングを予約する

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

kao
waki
ude
ashi
senaka
vio

背中脱毛をする前に知っておきたい4つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.「背中脱毛の効果がなかなか上がらない」とされているのはなぜ?
3.背中脱毛で効果があがる方式は?
4.背中脱毛に関する疑問と回答

1.サロン選びの際の注意点!

背中脱毛を受けるとしたら、脱毛サロンか医療クリニックに何回か通う必要があります。

そこで、まずはそれぞれの施術料を紹介します。

最初にサロンから。サロンの場合、背中脱毛に必要な施術回数は最低12回なので、12回分の金額をあげてみます。

・ジェイエステ…97,200円(-32,484円)
・エピレ…134,424円(-116,260円)
・銀座カラー(リーズナブルコース)…136,036円(+6,352円)
・ディオーネ…168,480円(+38,796円)
・ミュゼ…233,280円(+103,596円)

(カッコ内の数字は、平均施術料129,684円との差額)

次に医療クリニックです。こちらは完了に最低必要な5回分の金額を記します(ただし湘南美容クリニックだけは6回)。

・リゼクリニック…79,800円(-45,286円)
・アリシアクリニック…110,000円(-15,086円)
・クレアクリニック…110,592円(-14,494円)
・レジーナクリニック…116,640円(-8,446円)
・トイトイトイクリニック…135,648円(+10,562円)
・表参道スキンクリニック…160,920円(+35,834円)
・湘南美容クリニック…162,000円(+36,914円)

(カッコ内の値段は、平均施術料125,086円との差額)

こうしてざっと見ていくと、医療クリニックの方が料金が安く、施術回数も少なくてすむようです。

2.「背中脱毛の効果がなかなか上がらない」とされているのはなぜ?

他の部位と比較すると、背中脱毛は効果がなかなかあがらない、とされています。

それは背中のムダ毛が、他の部位の毛よりもはるかに細いのが原因です。

また、サロンや医療クリニックで採用されているマシンの種類によっても、効果の優劣、および脱毛終了までの日数に違いが出てくる、とされています。

サロンでの脱毛ですが、IPL脱毛という方式が主流になっています。

IPL脱毛の機械は、もともとエステサロンで施術に用いられていました。IPL(インテンス・パルス・ライト)というレーザー系のライトを肌に当て、くすみ、シミなどをケアしていたのです(これを「フォトフェイシャル」といいます)。

ところが、ケアを受けていた顧客のうち「毛が薄くなった」という女性が多かったため、改めて検証テストが実施されました。そして「IPLには脱毛効果がある」という事実が判明し、脱毛マシンとして流用されることになったのです。

IPLの特徴は比較的照射時間が長いこと。そのため、広い範囲の肌に光を照射できます。脚や背中といった広いパーツにはピッタリで、料金も安価、というメリットがあります。

ただ、もともとエステの肌ケアのために作られただけに、毛根に損傷を与えるパワーはそれほど強烈ではありません。

そして医療クリニックの方では、「レーザー脱毛」が主に用いられています。これはその名の通り、肌にレーザー光を照射してい脱毛効果を上げる、というもの。

実はレーザー脱毛もIPL脱毛も、脱毛の原理そのものはほとんど変わりません。IPLにしろレーザー光にしろ、メラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変わる性質を備えています。

光線は肌を素通りし、メラニン色素のある組織、つまり毛と毛根で高熱に変わって、それらに大きなダメージを及ぼします。特に毛根には皮脂腺開口部、毛母細胞、毛乳頭といった発毛を司る組織がありますから、その機能が阻害され、ムダ毛が成長しなくなるわけです。

ただ原理が同じといっても、照射威力は両者の間で大きな違いがあります。レーザー光のパワーは凄まじく、死ぬまでムダ毛が生えない可能性が高くなります(これが「永久脱毛」と呼ばれるものです)。

「では、威力の強いレーザー光なら背中脱毛でも効果が上がるのでは」と思われるでしょうが、そうはうまくいきません。

なぜかというと、上で書いたように背中の毛は細く、レーザー光で施術しても熱反応が生じにくいからです。

「じゃあ効果的に脱毛をおこなう方法はないの?」ということになりますが、それは以下の章で説明していきます。

3.背中脱毛で効果があがる方式は?

「背中は他のパーツより脱毛効果があがらない」と書きましたが、対処法はいくつかあります。

それらは以下の通りです——

・S.S.C.方式のマシンを使う
・ダイオードレーザーによる施術
・美容電気脱毛を選ぶ

この3つをひとつづつ説明していきましょう。

まず、S.S.C.方式です。S.S.C.とは「スムース・スキン・コントロール」の略称で、イタリアに本社を置くDEKA社が日本人向けに発明した方式になります。

これまで主流だったIPL方式との違いは、マシンと専用ジェルを併用すること。このジェルには「フィリニーブ」という独自配合の成分が入っています。

フィリニーブにはセイヨウシロヤナギのエキス、尿素、サルチル酸といった物質が含まれていて、これらが光線と共に毛根に働きかけ、脱毛効果を発揮します。

上の章で述べたようにマシンだけを用いる脱毛では、背中の細い毛にはあまり効果がありません。しかしマシンとジェルを併用するS.S.C.方式なら、メラニン色素のあるなしにかかわらず脱毛できるので、背中の細い毛にも効果があります。

次に、ダイオードレーザーによる施術です。

医療クリニックではレーザー光を照射する脱毛をおこなっていますが、使用されるレーザーには——

・ダイオードレーザー
・アレキサンドライトレーザー
・ヤグレーザー

の3つがあります。

この3つはそれぞれ特徴が違うのですが、ダイオードレーザーの場合、他の2つのレーザーよりも高い出力で照射できるところが大きなメリットとなっています。

レーザー光の基準に「パルス持続時間」という数値がありますが、ダイオードレーザーは、3/1000秒と他のものより短く、このことで威力を大きくできるのです。

ダイオードレーザーのマシンには、「ライトシェアデュエット」と「メディオスターNeXT PRO」の2つがありますから、どちらかを導入しているクリニックに行けばいいでしょう。

次に美容電気脱毛です。こちらは昔ながらの脱毛方法で、レーザー系のマシンが出てくる前はもっぱらこの方法が使われていました(「絶縁針脱毛」「ニードル脱毛」とも呼ばれます)。

施術には光を使いません。
「プローブ」(あるいは「絶縁針」)という特別な針をひとつひとつの毛穴に刺し、電気反応を起こして発毛組織を死滅させていきます。

絶縁加工がされた針を用いるため、毛穴への影響は少なくなります(その点がレーザー系の光線との大きな違いです)。針によって直接毛根にダメージを与えるために破壊力が強く、レーザー光よりも脱毛効果は優れていると言われています。

この方法なら毛の細い太いは関係ないため、背中の毛も確実に処理できます。

ただ針を刺す方法をとっているため、施術中の痛みはどうしても激しくなります。痛みに弱い人は、施術してもらうのがツラくなるでしょう。

また手作業で毛穴を処理するため、脱毛終了までに相当な時間と費用が必要です。
それらのデメリットを理解した上でこの方式を選べば、他の方法よりも効率的な脱毛ができます。

以上、3つの方法を紹介しました。

このうち、最も施術料が安いのがS.S.C.方式です。3つのうち、どれを選べばいいか分からない場合、とりあえずS.S.C.方式を選ぶのが1番無難かもしれません。いくらツルツルにするのは難しいとしても、減毛効果は確実に上がります。

ただ「背中を完全に無毛状態にしたい」と思っているのなら、美容電気脱毛がオススメです。

4.背中脱毛に関する疑問と回答

背中脱毛に際して気にかかることをまとめてみました。

Q.施術すると、部位がかゆくなるって本当?

施術した後は肌が一時的に乾燥するため、部位がかゆくなる場合があります。

かゆくならないためには、アフターケアに気をつけることが大事。保湿ケアをキッチリおこなうサロンや医療クリニックなら安心です。

施術後、家に帰ってからも、部位の保湿には注意して下さい。背中のケアは大変ですが、手が届くところはしっかりとクリームなどを塗っておきましょう。

Q.施術によって硬毛化が起こる?

硬毛化というのは、もともとは細い毛が、何かの加減で太い剛毛になってしまうこと。施術の際に毛乳頭に加わるダメージがその原因では?とも言われていますが、まだ科学的な因果関係は分かっていません。

もちろん、毛が太くなるというのは女性にとってイヤなことです。でも一時的に硬毛化が起こっても、施術を継続することで他の毛と同様に脱毛できます。

Q.背中のニキビがいつの間にか治るって本当?

脱毛を終えて肌が無毛状態になると、確かに背中にあるニキビがケアされるようです。

これは、毛穴周りの炎症や皮脂の詰まりが改善されるためでしょう。

背中ニキビは、毛穴の角質層のダメージや皮脂の蓄積で起こります。施術によって毛が生えなくなると毛穴がしまってくるので、肌トラブルもなくなってニキビが生じにくくなります。

ただ、施術直後に関しては注意が必要です。光線による熱のために肌が乾燥し、皮脂の分泌が促進されてしまいます。

そうなるとニキビもできやすいので、クリームや化粧水で保湿ケアに努めて下さい。

Q.施術前日にシェービングしなければならないの?

施術を受けるには、脱毛部位を電気シェーバーで剃っておく必要があります。

ただ自分ではなかなか大変なので、サロンやクリニックの中にはスタッフがシェービングをやってくれるところもあります。

たとえばキレイモだと、4つのパーツ(うなじ、背中、ヒップ、Oライン)に関しては、スタッフが剃ってくれます。

月額料金プランの契約者だと、その料金は一律1,000円。複数の部位を剃ってもらっても、その額は変わりません。

またパックプランだと、すべてのシェービングがタダになります。

以上、背中脱毛に関する基本情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

夏を迎えるとプールや海に行く機会もあって、周囲に背中を見せることが多くなります。
伸びたムダ毛をサロンやクリニックで処理し、その肌をキレイにしておきましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

kao
waki
ude
ashi
senaka
vio

top

効果が高くて安いVIO脱毛サロン@立川

【2019版】VIO脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@立川

立川でVIO脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

恋肌(こいはだ)

脱毛ラボ立川

立川にある恋肌(こいはだ)の店舗情報

立川店 東京都立川市柴崎町2丁目1-5 立川龍生堂ビル3階

立川の恋肌(こいはだ)の店舗イメージ

立川の恋肌(こいはだ)で
無料カウンセリングを予約する

ミュゼ

ミュゼ

立川にあるミュゼの店舗情報

立川南口店 東京都立川市柴崎町3丁目7-24
MYビル4F
立川北口店 東京都立川市曙町2丁目6-10
ナカムラビル5F

立川のミュゼの店舗イメージ

立川のミュゼで
無料カウンセリングを予約する

ジェイエステティック

ジェイエステ立川

立川にあるジェイエステティックの店舗情報

立川店 東京都立川市曙町2-7-19 モノリスビル 3F
立川駅北口から徒歩1分 ビックカメラ向かい、ドコモショップ隣り モノリスビル3F

立川のジェイエステの店舗イメージ

立川のジェイエステで
無料カウンセリングを予約する

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

kao
waki
ude
ashi
senaka
vio

VIO脱毛をする前に知っておきたい6つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.VIO脱毛のメリットとは?
3.Vラインの一部の毛を残す場合は……
4.Oライン脱毛は衛生的
5.サロンと医療クリニックの差とはどんなこと?
6.VIO脱毛の料金はどれぐらい?

1.サロン選びの際の注意点!

VIOとは別に外国語の略称や単語の頭文字を取ったものではありません。実はデリケートゾーン、つまり女性の陰部周辺を指します。

V、I、Oはそれぞれ——

Vライン……股の前面の三角形の部分。ビキニラインのこと。
Iライン……女性器の両脇でとりわけデリケートな部分。
Oライン……肛門を中心点に半径2センチの円を描いた部分。ヒップ奥とも呼ばれる。

をあらわします。

これで分かる通り、VIOはそれぞれ形が似ていることからアルファベットを当てはめた呼称です。

「VIO脱毛」というのは、アンダーヘアーの脱毛ということになります。

VIOはそれぞれ別々に施術できます。もちろんVIOすべてをツルツルに脱毛することもできるのですが、それを特に「ハイジニーナ」と呼びます。
サロンやクリニックの広告で「ハイジニーナ脱毛にも対応」などと書かれていることがありますが、これはVIO脱毛のことです。

VIO脱毛はちょっと前までは海外セレブしかやらない美容法というイメージでしたが、いまや日本の脱毛サロンでも定番の人気コースとなりました。

実際、VIOはワキに続き、プロの手で施術してもらいたいパーツの第2位となっています。

2.VIO脱毛のメリットとは?

VIO脱毛はただ単に肌をツルツルにするだけではありません。他にも色々なメリットがあります。

1.デリケードゾーンを衛生的にキープできて気持ちが良い

女性のデリケートゾーンは入り組んでいて構造が複雑。さらに濃く太い毛が密集して生えています。

そのため下着をつけているとムレてしまい、雑菌が繁殖しやすくなり、かゆみやニオイの原因となります。

特に女性器の周辺のIラインは、生理の時やおりものが出る時に経血や分泌物が毛に付着してしまい、不衛生な状態におちいりがちです。

VIO全体に渡って脱毛することでムレが軽減され、上記のような症状を緩和できます。

こうして肌トラブルが減っていけば、生理中でも快適に過ごせるようになるでしょう。

2.自己処理の必要がなくなる

デリケートゾーンは太い毛が生えているのに皮膚自体は薄く、自己処理の難しい箇所です。また性器にも近いので、うっかり傷つける危険性が高くなっています。

また、自己処理自体にも問題があります。カミソリで剃ったり毛抜きで抜くという方法は、肌への負担が少なくありません。
知らず知らずのうちに肌がダメージを蓄積し、厄介な埋没毛を発生させる原因になります。

また、毛穴の傷に雑菌が入ると、毛嚢炎になる可能性も高くなります。

脱毛を完了させれば自己処理の必要もなくなり、面倒なトラブルのリスクも減ります。

3.露出度の高いおしゃれが楽しめる

大胆な水着や下着を着ようと思ったら、必ずデリケードゾーンのムダ毛を処理しないといけません。

でも上で述べたように自己処理をしていると肌トラブルに見舞われがち。
せっかく毛はなくなってツルツルになったのに、肌が汚くなっては処理の意味がなくなります。

デリケートゾーンをプロの手で脱毛すれば、自己処理が不要になって自然に美肌へと導かれることに。

そうすれば肌トラブルを気にすることもなく、大胆なファッションで体を見せびらかすことができます。

3.Vラインの一部の毛を残す場合は……

VIOの3つの中でも、特にVラインは人気のある部位。「脱毛したいパーツ」のアンケートでも常に上位にランクインしています。

Vラインの脱毛では、全くのツルツルにする人はあまり多くありません。
やはり自然さを大事にして、一部を残すことがほとんど。

その時「毛をどんな形に残すのか」が問題となります。

サロンやクリニックでは色々とデザインを用意していて、以下がその定番とされています——

・逆三角形

最もポピュラーなデザイン。非常に自然な形なので、脱毛したようには見えません。

・オーバル型

「楕円型」とも呼ばれます。丸みがあるせいで、非常に女性らしい感じになっています。

・Iライン型

文字通り、I字形に毛を残します。大胆な水着や下着を身につけたいという人には最適です。また「足が長く見える」という長所もあります。

・Uライン型

「逆三角形」に丸みを加えたもので、やはりナチュラルな感じです。

・スクエア型

「Iラインは大胆すぎてちょっと……」という女性がよく指定しています。ただそれでも少し不自然さを伴うので、好き嫌いは分かれてしまうでしょう。

ちなみに、医療クリニックで施術を受けるなら、デザインはよく考えて選んで下さい。というのも、クリニックで一旦脱毛してしまうと、Vラインのヘアーは死ぬまでそのままになる可能性があるからです。いい加減に選ぶと後悔することがありますので、あくまで慎重に決めましょう。

4.Oライン脱毛は衛生的

アンケートでも、VラインとIラインに関しては「処理したい部位」としてよくランキングの上位にきます。
露出度の高い水着や下着を着る際、どうしても脱毛する必要があるからでしょう。

ところが、Oラインは露出の機会がほとんどないこともあって施術する人も少なめ。「特に脱毛しなくてもいいのでは?」と考えるのか、ランキングに入ることもありません。

でも、Oラインのムダ毛を処理するとたいへん衛生的です。ニオイやムレの不快感も軽くなります。

また、性交時も体位によってはOラインが露出されるので、処理しておく方が旦那さんや彼氏に不快感を与えなくてすみます。

実際に施術を受ける時は、店や医院側が提供している紙パンツをはきます。それをスタッフが少しだけずらし、お尻を広げながら施術していくわけです。

体勢は「うつ伏せでの開脚姿勢」か「四つん這い」の二択になるようです。
前者の方が恥ずかしさはマシなので、スタッフにそうお願いするといいでしょう。

施術は10〜15分程度です。最初は恥ずかしいかもしれませんが、施術を繰り返すうちに慣れてきます。

少しの時間で肛門の周りが清潔になりますから、ぜひOライン脱毛を試してみて下さい。

5.サロンと医療クリニックの差とはどんなこと?

VIO脱毛をしたいと思ったら、サロンか医療クリニックと契約する必要があります。

この両者の相違は多々あるのですが、1番大きな違いは施術方式。

サロンの場合、大抵の店舗が使っているのがIPL脱毛(フラッシュ脱毛)です。

IPLというのは、intense pulsed lightのことで、紫外線をカットした特殊なライト。黒いメラニン色素に反応する特質を備えています。

ムダ毛が生えた肌に直接当てると、肌の奥に隠れている毛乳頭、皮脂腺開口部などで熱エネルギーに変化。発毛機能に大きな損傷を与え、ムダ毛が成長しないようにします。

一方、医療クリニックで使われているのはレーザー脱毛です。

レーザー光にはYAG、ダイオード、アレキサンドラライトといった種類がありますが、どれも脱毛原理はIPLと変わりません。メラニン色素のある毛根で光が反応し、高熱に変わって組織を破壊。発毛機能を阻害します。

IPLとレーザー光というのは、波長、およびパルス幅に違いがあり、そのことで照射パワーが調整されています。

威力が強いのはレーザー光の方です。数回照射するだけで毛根組織は完膚なきまでに破壊され、ツルツルの状態が数年から一生に渡って続きます。この「永久脱毛」は医療行為とみなされるので、機器の操作は医師免許を持っているスタッフが担当します。

効果はずば抜けていますが、その分「痛みが激しい」のがネックです。

IPLの方は照射パワーが弱いだけに肌の負担は軽く、痛みもレーザー光よりマシです。その代りに施術に通う日数が長くなり、施術回数も多くなってしまいます。

またIPLだと毛根はただ弱体化するだけなので、脱毛完了からしばらくすると毛が再生する可能性がアップします。

痛みが激しくても大丈夫という人は、医療クリニックでレーザー脱毛を受けた方がいいでしょう。

6.VIO脱毛の料金はどれぐらい?

VIO脱毛をするのはいいのですが、気になるのはその費用でしょう。

実は「脱毛」といっても色々なやり方があります。

たとえば、サロンでIPLによる脱毛を受けるのか、医療クリニックでレーザー光を使うのか。減毛でいいのか、完全にツルツルの状態にしたいのか。
高くても脱毛完了までの日数を少なくしたいのか、あるいはあくまで費用の格安さにこだわるのか……。

それらの条件によって、費用にもまた大きな幅が出てきます。

ここではいくつかの場合について費用を紹介してみます(なお、以下に出てくるのは「VIOをすべて施術するプラン」です。V、I、Oを別々に施術する場合はまた費用も異なります)。

まず、サロンでフラッシュ脱毛をする場合、有名店の値段は次のようになっています——

減毛程度にする

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回。1回につき9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回。1回につき13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回。1回につき8,640円)

完全にツルツルにしてしまう

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回。1回につき9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回。1回につき9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回。1回につき9,180円)

続いてクリニックでレーザー脱毛を受ける場合。有名クリニックの料金をまとめてみます——

減毛程度にする

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回。1回につき10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回。1回につき12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回。1回につき19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回。1回につき18,540円)

完全にツルツルにしてしまう

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回。1回につき9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回。1回につき11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックには8、9回のコースなし)

こうしてみると、VIO脱毛については医療クリニックの方が格安で、特にリーズナブルなのは湘南美容外科になります。

VIO脱毛をしたい人は、湘南美容外科が第一候補になるでしょう。

以上、VIO脱毛にまつわる色々な情報をまとめてみました。いかがだったでしょうか?

もしここまで読んできた人の中に「VラインやIラインを自己処理している」という女性がいたら、ぜひ脱毛に挑戦してみることをオススメします。カミソリや毛抜きを使うと肌への大きな負担がかかり、色素沈着といった肌トラブルの一因となります。
脱毛で自己処理を不要にし、美しいデリケートゾーンを保ちましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

kao
waki
ude
ashi
senaka
vio

top

効果が高くて安い足脱毛サロン@立川

【2019版】足脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@立川

立川で足脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

恋肌(こいはだ)

脱毛ラボ立川

立川にある恋肌(こいはだ)の店舗情報

立川店 東京都立川市柴崎町2丁目1-5 立川龍生堂ビル3階

立川の恋肌(こいはだ)の店舗イメージ

立川の恋肌(こいはだ)で
無料カウンセリングを予約する

ミュゼ

ミュゼ

立川にあるミュゼの店舗情報

立川南口店 東京都立川市柴崎町3丁目7-24
MYビル4F
立川北口店 東京都立川市曙町2丁目6-10
ナカムラビル5F

立川のミュゼの店舗イメージ

立川のミュゼで
無料カウンセリングを予約する

ジェイエステティック

ジェイエステ立川

立川にあるジェイエステティックの店舗情報

立川店 東京都立川市曙町2-7-19 モノリスビル 3F
立川駅北口から徒歩1分 ビックカメラ向かい、ドコモショップ隣り モノリスビル3F

立川のジェイエステの店舗イメージ

立川のジェイエステで
無料カウンセリングを予約する

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

kao
waki
ude
ashi
senaka
vio

足脱毛をする前に知っておきたい6つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.脱毛効果はどれくらいで実感できるの?
3.足脱毛完了までにどのくらいの施術が必要?
4.足脱毛によって毛穴のブツブツが治せる?
5.サロンとクリニックではどこがおすすめか?
6.足脱毛についてのQ&A

1.サロン選びの際の注意点!

ひと口に「足脱毛」といっても、サロンや医療クリニックではいくつかのパーツに分類して施術するというのが一般的です。

そのため、つま先から太ももの付け根まで一気に脱毛したい場合、「足全セットコース」などのパックをチョイスするか、パーツを組み合わせて(「足の甲、ひざ下、太もも」といった感じで)施術を受けることになります。

では、そのパーツはどんな具合に分けられているかというと、各クリニック、各サロンで少々異なります。

ただ大体のところでは——

「ひざ上」
「ひざ下」
「ひざ」
「足の甲」
「足指」

と5つに分けるのが普通のようです。

このうち、1番施術部位として人気があるのが「ひざ下」です。

ひざ下は季節、気温にかかわらず、スカートをはいた時に露出することが多いので、人気があるのは当然といえます。また、ひざ下の脱毛にはくるぶしも含まれるので、ワイドパンツ、アンクルパンツなどをはく人も施術を受けるようです。

気になる足脱毛の料金ですが、これはサロンやクリニックによって大きな幅があります。

サロンだと、ひざ下だけの脱毛なら8回ほどで約3〜5万円、足指から太ももまでの脱毛ならやはり8回くらいで約10〜15万円となっています。

足というのは面積が大きいこともあって施術に手間がかかります。したがって顔やワキのような部位と比べても、料金がどうしても高くなるのです。

実はサロンでは全身脱毛の契約者を優遇する傾向があり、そちらの方がディスカウント率は高くなっています。ですから、足だけ施術するよりも全身脱毛コースを申し込んだ方が、安くあがる場合もあります。

また金額はキャンペーンによっても変動しますので、サロンや医療クリニックの公式サイトを細かくチェックするようにして下さい。

2.脱毛効果はどれくらいで実感できるの?

何回ぐらい施術してもらうと脱毛効果が実感できるのでしょうか?

実はサロンとクリニックではその時期が異なりますので、それぞれ解説してみましょう。

サロンの場合

脱毛したいと考えて資料などをチェックすると、値段や雰囲気的にクリニックよりもサロンの方が気軽な感じがします。有名エステが経営している店も多く、キャンペーンを利用すれば施術料も安くなります。

ただサロンの場合は脱毛完了に日数がかかり、1回施術を受けるだけでは効果はまず実感できません。

サロンでは、主にIPLというレーザー系の光を使って脱毛します。毛が新しくなるサイクル、専門用語で言うと毛周期に合わせて施術するのですが、とにかく効果が現れるのはゆっくりです。

そのため、「毛が薄くなった」「細くなってきた」と感じるには、最低3回くらい施術する必要があります。

1度施術すると、次の施術まで2ヶ月ほどかかります。ですから3回目の施術を終えるには、施術開始から半年くらいの期間が必要になります。

クリニックの場合

足脱毛は、サロンだけでなく医療クリニックでも可能です。

こちらで脱毛に使われるのはレーザー光。サロンで使用されるIPLよりも照射威力が強く、より少ない施術で効果を発揮します。

そのためクリニックでレーザー脱毛をすると、わずか1回だけで効果を感じる方もいます。

つまり、早く脱毛を完了したい人にとってはサロンよりもクリニックがいいわけですが、その代りに大きな欠点もあります。

それはレーザー光を照射する時の痛みが激しいこと。

あまりに痛みが強いためにクリニックによっては麻酔を使う場合もあり、痛みが苦手な人は施術に耐えられないかもしれません。

ただ、レーザー脱毛は効果が早いだけでなく、毛根を徹底的に破壊することもできるため、脱毛効果を確実にしたい人にもピッタリです。

もし痛みが気になる人は、最初にどこか狭い部位を試しに脱毛するのもいいかもしれません。

3.足脱毛完了までにどのくらいの施術が必要?

効果があらわれ始める時期については上述しましたが、では脱毛が完了するのにはどのくらいかかるのでしょうか?

サロンの場合

サロンで足脱毛を終了するには、8回〜12回の施術が必要だと言われています。

施術は2ヶ月に1回のペースなので、およそ2年もの日数がかかるわけです。

しかし、体質的に足の毛が太かったり、毛根の再生力が普通以上の場合、これだけの回数では十分でないこともあります。その時は、施術回数も14〜18回に増えてしまいます。

なお、そのことに関連して注意してほしいのは、「足全体を1万円で脱毛する」とうたっているサロンです。

こういった店は施術回数に制限があり、多くても大体3回程度となっています。この回数では脱毛効果など感じたとしてもほんのわずかです。しかも追加施術をすすめられるので、最終的には1万円を越える施術料になってしまいます。

サロンで足を脱毛してもらうなら、自分はどのパーツを脱毛したいのか、自己処理がいらなくなるには何回施術が必要か、初回のカウンセリングの時にスタッフに質問しておきましょう。

なるべくなら、いくつかのサロンのホームページをチェックし、事前の下調べを念入りにおこなっておくことが重要です。

クリニックの場合

サロンよりも少ない施術で効果が実感できるクリニックですが、それでも部位を完全に脱毛するには、ある程度の施術が欠かせません。

平均的な回数は大体5回から6回となっています。

こちらもサロンと同様に、生まれつき足のムダ毛が多い、毛が太いといった場合は回数が8〜10回に増え、施術に通う期間も1年を超えることになります。

しかしレーザーの威力のおかげで、期間も施術回数もサロンのおよそ2分の1。
「忙しいからできるだけ効率的に脱毛したい」という人は、サロンよりもクリニックと契約すべきでしょう。

ただ上に記したようにクリニックの施術は痛みがサロンより強く、料金が高いというデメリットがあります。

毛の質、それに予算と効果・効率のバランスを考えた上で、サロンかクリニックかを決めて下さい。

4.足脱毛によって毛穴のブツブツが治せる?

ずっとムダ毛の自己処理を続けていくと、足の表面に黒いブツブツができてしまうことがあります。

このブツブツは自己処理によって肌のコンディションが悪化している証拠です。

手軽ということで自己処理によく使われるカミソリですが、繰り返し毛を剃っていくうちに表皮にダメージが与えられ、それを回復しようと肌が新しく再生されます。

それがうまく元通りになればいいのですが、運悪く毛穴にフタのようにかぶさってしまうことがあります。

そうなると、毛が成長しても表から出られません。
埋没毛といって表皮に潜って長くなり、それが黒いブツブツのように見えてしまうのです。

また、カミソリによる処理はどうしても角質層にダメージが残り、ついにはカミソリ負けの症状を起こして、赤いブツブツになります。

サロンやクリニックの脱毛なら肌にも刺激がなく、こんなトラブルなど起こりません。また、すでに肌にブツブツができていても、施術で自己処理の回数が減少するため、自然にきれいな状態になっていきます。

さらにサロンやクリニックには、術後のトリートメントを丁寧におこなってくれるところもあります。
これにより皮膚に潤いが保たれ、治療効果も倍増します。

自己処理の停止とこの保湿トリートメントのおかげで、足の肌は施術前より美しくなるでしょう。

サロンやクリニックでは肌のトラブルについて相談に乗るところも多いので、施術の時に気軽に訊ねてみましょう。

5.サロンとクリニックではどこがおすすめか?

ひざ上、ひざ下といった部位は人気があり、ワキの次によく施術されるそうです。そんなこともあって、サロン、クリニックとも足脱毛についてはお得なプランを用意しています。

ジェイエステティック

なるべく安価で足脱毛したいなら、ジェイエステティックがベストです。

創業は1979年といいますから、もう40年に渡って施術を続けている老舗です。知名度の点では、銀座カラー、ミュゼ、脱毛ラボにはかないませんが、実はメリットの多いサロン。

足脱毛では、「ひざ上」「ひざ下」「ひざ」「足の甲・指」から好きなところを選んで脱毛できます。

また足のほかにも、両ワキを12回までタダで施術してもらえます。

他のサロンより通常コースの料金がずっと安く、回数ごとに高くなっていくディスカウント率も大きなメリットです。

さらに術後の肌トリートメントにも力をいれているので、光やレーザーによって乾燥した肌もキッチリ保湿できます。

まずはお試しコースでスタッフの技術とサービスを確認の上、気に入ったら通うのがいいでしょう。

アリシアクリニック

アリシアクリニックは、とてもクリニックとは思えないほど料金がリーズナブル。足全体コースの料金は5回92,900円で、大抵のサロンよりも安価なのですから驚きです。

しかもライトシェアデュエット、メディオスターNexTという2種類の脱毛マシンをそろえています。

クリニックは脱毛効果の点では優秀ですが、レーザーを照射する時の痛みがひどいのが大きな欠点です。
しかし、アリシアクリニックで使われているこれらのマシンは、痛みをなるべく減らすようにできています。

「クリニックで脱毛したいけど、痛みが苦手」という方も、アリシアクリニックなら施術が可能です。

6.足脱毛についてのQ&A

Q.施術に出かける時の服装はどんなものがいい?

服装はサロンやクリニックによって異なってきます。店や医院によっては施術用のガウンが用意してあるので、どんな服装で行っても問題はありません。

そのままの格好で施術するサロンやクリニックの場合は、パンツとスカートはぬいでショーツだけになり、肌をバスタオルで隠しながら施術してもらいます。

なお、ライトと専用ジェルを併用するサロンでは、ショーツにそのジェルがついてしまうことがあります。施術用のショーツがない店では、替えのものを自分で持参すると安心です。

Q.色素沈着していると施術は不可?

4つのサロンと2つのクリニックに訊いてみましたが、ほとんどのところは「色素沈着があると施術はできない」という返事でした。

施術時に使用される光やレーザー光は、メラニン色素に反応して熱エネルギーに変わります。
そのため、色素沈着、黒っぽい傷あと、タトゥーなどは熱によって皮膚に火傷を負わせる可能性があります。

ただ、リゼクリニックだけは、看護師が見た目で判断し、危険性がないようなら施術するということです。

Q.肌が乾いていると施術不可?

各サロン、クリニックに訊きましたが、肌が乾いている部位については施術が不可のようです。

というのも、乾いた皮膚に光やレーザー光を当てると、ひどい肌トラブルが起こりやすくなるからです。

また肌に傷がついている場合も、化膿を起こすことがあるので施術はできないとのことでした。

以上、足脱毛についての情報を色々とご紹介しました。いかがだったでしょうか?

何度も述べたように、ムダ毛の自己処理は肌の状態を悪くします。
美肌を保つためにも、好みに合った脱毛サロンや医療クリニックを見つけて脱毛してみましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

kao
waki
ude
ashi
senaka
vio

top

効果が高くて安い腕脱毛サロン@立川

【2019版】腕脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@立川

立川で腕脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

銀座カラー

銀座カラー

立川にある銀座カラーの店舗情報

立川店 東京都立川市柴崎町3-5-27
YMビル 2F
立川北口店 東京都立川市曙町 1-14-14
メサビル 6F

立川の銀座カラーの店舗イメージ

立川の銀座カラーで
無料カウンセリングを予約する

ミュゼ

ミュゼ

立川にあるミュゼの店舗情報

立川南口店 東京都立川市柴崎町3丁目7-24
MYビル4F
立川北口店 東京都立川市曙町2丁目6-10
ナカムラビル5F

立川のミュゼの店舗イメージ

立川のミュゼで
無料カウンセリングを予約する

C3(シースリー)

C3(シースリー)

立川にあるC3(シースリー)の店舗情報

立川通り店 東京都立川市高松町3-14-14 立川OSEビル5F

立川のC3(シースリー)の店舗イメージ

立川のシースリーで
無料カウンセリングを予約する

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

kao
waki
ude
ashi
senaka
vio

腕脱毛をする前に知っておきたい10のこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.気になる腕脱毛の料金について
3.現在、どのように脱毛がおこなわれているのか?
4.腕脱毛完了までの回数と期間はどれくらい?
5.脱毛するなら、サロンか、それともクリニックか?
6.施術って1回あたりどれくらいの時間がかかるの?
7.腕脱毛には月額プランが一番
8.念のために「通い放題」を選ぼう
9.脱毛を早く終わらせるには?
10.評価の高いサロンとクリニック

1.サロン選びの際の注意点!

サロンやクリニックの腕脱毛には、以下のような長所があります。

1つ目は、美しくスベスベの肌が得られること。

「そんなの自己処理しても同じじゃないか」と思われるかも知れませんが、カミソリや毛抜きによる処理というのはあまり仕上がりが美しくありません。
特に毛が濃い人の場合、毛穴がかなり目立ってしまいます。

プロの手による脱毛ならそんなこともなく、大変美しいお肌になります。そうなると外出中に人がジロジロと眺めてきても、気後れすることがありません。むしろ自分から進んで腕を露出したくなるでしょう。

そして次の長所は、自己処理の手間がなくなることでヒマな時間が作れる、ということ。

脱毛の施術が完了すれば、しばらくの間は新しいムダ毛は伸びてきません。もちろん自己処理の必要はなくなりますから、これまでムダ毛を剃ったり抜いたりしていた時間が自由になります。

「毎日、ムダ毛を処理している」という、体毛が濃い人もいるでしょう。脱毛さえすればその厄介な手間が省け、ヒマになった時間を他の用事に使えます。

また、カミソリ、毛抜き、除毛クリームなどによる処理は皮膚への負担が大きく、肌トラブル(黒ずみ、埋没毛など)を起こしやすいという欠点もあります。

「肌の良好なコンディションを保つ」という点でも、脱毛で自己処理を不要にすることには大きな意味があるわけです。

2.気になる腕脱毛の料金について

「腕脱毛をやろう」と決心するのはいいのですが、その時真っ先に頭に浮かぶのはその予算でしょう。

なるべくリーズナブルなプランを選ぶとしても、脱毛が完了するまでにどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

サロンの費用を知るために、20ほどの有名店の公式サイトをチェックし、その平均値を出してみたところ、

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

という結果になりました。

一方、医療クリニックも同じ様にサイトを調べて平均料金を算出してみると、

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という結果が出ました。

つまり、医療クリニックで脱毛してもらうと、サロンの倍近くの予算になってしまうわけです。

これだけ見るとサロンで施術してもらう方がいいようですが、クリニックにも高い料金を取るだけの理由があります。

サロンとクリニックのメリットとデメリットはこの後詳しく述べるので、その箇所を参考にして下さい。

3.現在、どのように脱毛がおこなわれているのか?

現在、脱毛の施術では、フラッシュ脱毛(光脱毛)とレーザー脱毛という2つの方法が主流となっています。

主にサロンで使われているのが、フラッシュ脱毛。メラニン色素だけに反応する光(フラッシュ)を肌に直接当て、発毛を司る部位(毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部など)に高熱のダメージを与えます。

こちらはレーザーよりもはるかにパワーが弱く、毛根も単に弱体化するだけです。
施術完了まで長い期間が必要ですがその分費用は安く、肌にも負担が少ない、というメリットがあります。

一方、クリニックで導入されている方法がレーザー脱毛。ダイオード、アレキサンドラライト、YAGといったレーザー光が使用されますが、いずれもパワーが強く、発毛組織を完全に破壊することが可能。そのため、サロンと違って、永久脱毛を行なうことができます。

フラッシュ脱毛よりも痛みがある、というデメリットはあるのですが、サロンより短い日数で脱毛が終わるのも魅力的です。

4.腕脱毛完了までの回数と期間はどれくらい?

脱毛というのは案外厄介で、施術のスケジュールは自由に組めません。

というのも、毛には成長サイクル(毛周期)があり、脱毛効果があるのはその中の「成長期」だけだからです。

施術はどうしてもその時期に合わせる必要があり、2〜3ヶ月に1回というペースになります。
これは脱毛サロンでも医療クリニックでも変わりません。

では、自己処理が不要になるまでの照射回数・期間はどれくらいかというと、以下のようになっています——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

早く脱毛を終えたいならクリニックにすべきですが、それでも1年は通い続ける必要があります。

5.脱毛するなら、サロンか、それともクリニックか?

脱毛するなら、サロンにすべきかクリニックにすべきか……?

2つにはそれぞれ長所と欠点があるため、どちらがいいと簡単には言えません。

サロンの一番のメリットは、何と言っても値段が安いこと。なるべくリーズナブルに脱毛したい人に向いています。

それに使われているフラッシュ脱毛はパワーが控えめなため、「痛いのはイヤ」という人にも最適。

一方、脱毛を早く完了したい方にはクリニックをおすすめします。

料金はサロンより高いのですが、効果は確実にありますし、通院する期間も短めですみます。

またクリニックは医療機関ということで麻酔を使用できます。
「痛みは絶対に避けたい」という人にとっては大きな魅力といえるでしょう。

あと、毛が濃いという人はパワーの強いクリニックのレーザー脱毛の方が安心できますし、毛が薄い人はサロンでも十分効果があります。

6.施術って1回あたりどれくらいの時間がかかるの?

ヒジ下やヒジ上だけの施術

形状が複雑ではないこともあって、腕は他の部位よりも施術時間は短めですみます。ヒジ下やヒジ上だけなら、1回あたり30分で終了するでしょう。

もしサロンやクリニックに連射可能なマシンが導入されているなら、15分くらいで済んでしまう場合もあります。

腕全体の施術

腕全体を施術すると、ヒジも脱毛することになります。ヒジは球状をしており、しかも肌が柔らかいため、ちょっと施術に手間が必要です。

それに面積が広いこともあって施術時間は長め。1回の所要時間は、50分から1時間と考えるべきです。

これは連射式のマシンを使っても同じことで、やはり1時間弱はかかります。

7.腕脱毛には月額プランが一番

他の部位と比べると腕というのは施術範囲が広く、脱毛完了までの期間が長くなると言われています。

また人によって毛の量や質もかなり差があるため、完了に必要な回数も増えることがあります。

ということで、もし回数制のプランにしてしまうと追加で施術を受ける可能性があり、結局は予算以上の料金になることが少なくありません。

「毛の量が多い」「毛が太い」と感じている人は、念のために回数制ではなく月額制を選んだ方が無難です。
「高い」と思うかもしれませんが、月額制のおかげで結果的に安く済んだ、という人が多いのです。

幸い、完全月額制のサロンが最近は増えています。そんな店なら、納得がいくまで通い続けられますし、やめたい時にいつでもやめられます。

8.念のために「通い放題」を選ぼう

上で書いたように脱毛は1、2回では終わりません。クリニックでも5回、サロンなら12回以上も施術に通う必要があります。

なぜこんなに回数が必要かと言うと、脱毛器の光が「成長期」のムダ毛にしか効果がないためです。腕の場合、成長期の毛は全体の20%しかありません。

ということで、成長期を待って照射を続けないと、ムダ毛すべてに光を当てることができないのです。

しかし、脱毛がようやく完了したからといって、毛が今後ずっと伸びないとは限りません。

実はサロンのフラッシュ脱毛は毛根の発毛機能を弱めるだけなので、単に減毛効果が得られるだけです。

そのため終了から年月が経つと、毛がまた生えてくることがあります。

では、レーザー脱毛はどうでしょう? こちらも「永久脱毛」と称されてはいるのですが、永久にムダ毛が伸びてこないという保証はありません。

米国電気脱毛協会の定義によれば、永久脱毛は「毛の再生率が脱毛1ヶ月後になっても20%以下」という意味にすぎません。
つまり、永久に毛が生えないわけではなく、あくまで「毛が再生する確率が相当低い」だけです。

ということで、契約にあたっては終了後も施術できるプランがベスト。

その点で、「通い放題」がおすすめです。
これなら、サロンやクリニックが続いている限りずっと通うことができます。

脱毛料金は安いものとは言えません。
せっかく契約するのですから、なるべく長く通えるプランを選びましょう。

9.脱毛を早く終わらせるには?

脱毛完了までに、クリニックで1年、サロンで2年以上は施術に通う必要があります。
スピーディに脱毛を終わらせるために、以下のポイントに注意して下さい。

予約の取りやすいサロンやクリニックを選ぶ

上記のように、脱毛の施術は毛周期に合ったタイミングでおこなわれます。

もし店側のスケジュールが一杯で予約が入れられないと、それだけで完了が数ヶ月もずれ込む可能性があります。

その点で、店や医院を選ぶ時は「予約が入れやすいか」というところも重要です。

通いやすい場所にあるサロンやクリニックを選ぶ

交通の便が悪かったり、駅から離れた場所に店があると、つい施術も怠けがちとなります。

脱毛は完了させないと無意味です。契約するならなるべく通いやすいサロンやクリニックにしましょう。

日頃から健康的に暮らすようにする

毎日健康的な生活を心がけることも、脱毛には大事なことです。

「そんなこと当たり前」と思われるかもしれませんが、肌のコンディションと体調は大変密接な関係があり、例えば肌が異常に乾燥していると施術そのものが受けられないことがあります。

十分な睡眠、適度な運動、栄養バランスの良い食事の3つを心がけ、脱毛を早く終了させましょう。

10.評価の高いサロンとクリニック

腕脱毛で評価の高いサロンとクリニックを3つずつ紹介します。

まずはサロンから——

銀座カラー

銀座カラーは、「予約が入れやすい」「徹底的に脱毛できる」など、ネットの口コミでも評判になっているサロンです。

全身脱毛コースだけでなく、単独の部位にも通い放題プランがあります。

上で述べたように腕脱毛は施術に時間がかかるケースが多いので、通い放題プランがあるのは大きな魅力といえます。

レイビス

業界でも老舗として知られるレイビスは、それだけ信頼性の高いサロン。完全月額制を取っているので、施術を途中でやめるのも簡単です。

選択する部位の数に準じて3つのコースが用意されており、4ヶ所なら月額2,980円しかしません。

自分の都合に合わせてスケジュールを決められるのが大きなメリットです。

ミュゼ

業界でも最大手として知られるミュゼ。店舗数は170を軽く越え、北海道から沖縄まで支店があります。

また初心者向けのキャンペーンも盛りだくさん。

痛みのほとんどないSSC脱毛という方式を導入しており、なるべく無痛で施術を受けたい人にもピッタリです。

次にオススメのクリニック——

アリシアクリニック

「腕脱毛セット」というのがあって、腕を施術したい方に最適です。また他のクリニックではめったにない通い放題プランが用意されています。

湘南美容クリニック

テレビCMを盛んに流しているため、知名度は抜群です。全国各地に分院があるので、地方在住の人にはピッタリでしょう。

リゼクリニック

リーズナブルな腕セットがあり、腕脱毛希望者にはオススメです。またアフターケアも充実しているので、確実な脱毛効果が望めます。

以上、腕脱毛の色々な情報を紹介しました。いかがだったでしょうか?

この頁を参考にしながら、ぜひ腕脱毛を受けてみて下さい。自己処理の手間が省け、肌の状態が改善されていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

kao
waki
ude
ashi
senaka
vio

top

効果が高くて安い顔脱毛サロン@立川

おすすめの顔脱毛サロン@立川

【2019版】顔脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@立川

kao

立川で顔脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ジェイエステティック

ジェイエステ立川

立川にあるジェイエステティックの店舗情報

立川店 東京都立川市曙町2-7-19 モノリスビル 3F
立川駅北口から徒歩1分 ビックカメラ向かい、ドコモショップ隣り モノリスビル3F

立川のジェイエステの店舗イメージ

立川のジェイエステで
無料カウンセリングを予約する

ミュゼ

ミュゼ

立川にあるミュゼの店舗情報

立川南口店 東京都立川市柴崎町3丁目7-24
MYビル4F
立川北口店 東京都立川市曙町2丁目6-10
ナカムラビル5F

立川のミュゼの店舗イメージ

立川のミュゼで
無料カウンセリングを予約する

恋肌(こいはだ)

脱毛ラボ立川

立川にある恋肌(こいはだ)の店舗情報

立川店 東京都立川市柴崎町2丁目1-5 立川龍生堂ビル3階

立川の恋肌(こいはだ)の店舗イメージ

立川の恋肌(こいはだ)で
無料カウンセリングを予約する

C3(シースリー)

C3(シースリー)

立川にあるC3(シースリー)の店舗情報

立川通り店 東京都立川市高松町3-14-14 立川OSEビル5F

立川のC3(シースリー)の店舗イメージ

立川のシースリーで
無料カウンセリングを予約する

脱毛ラボ

脱毛ラボ立川

立川にある脱毛ラボの店舗情報

立川店 東京都立川市柴崎町2-1-4 五光トミオー第2ビル7F

立川の脱毛ラボの店舗イメージ

立川の脱毛ラボで
無料カウンセリングを予約する

銀座カラー

銀座カラー

立川にある銀座カラーの店舗情報

立川店 東京都立川市柴崎町3-5-27
YMビル 2F
立川北口店 東京都立川市曙町 1-14-14
メサビル 6F

立川の銀座カラーの店舗イメージ

立川の銀座カラーで
無料カウンセリングを予約する

TBC

TBC

立川にあるTBCの店舗情報

立川店 東京都立川市 曙町2-12-1 曙ビル7F

立川のTBCの店舗イメージ

立川のTBCで
無料カウンセリングを予約する

エピレ

エピレ立川

立川にあるエピレの店舗情報

立川店 東京都立川市曙町2-7-21カクニ第一ビル6F

立川のエピレの店舗イメージ

立川のエピレで
無料カウンセリングを予約する

コロリー

コロリー

立川にあるコロリーの店舗情報

立川店 東京都立川市曙町2-7-21 カクニ第一ビル7F

立川のコロリーの店舗イメージ

立川のコロリーで
無料カウンセリングを予約する

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

kao
waki
ude
ashi
senaka
vio

顔脱毛をする前に知っておきたい9つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.サロンによって施術箇所に制限がある
3.脱毛の料金っていくらぐらい?
4.最初に「お試しコース」を選ぶのがベスト
5.どのサロンがオススメなのか?
6.歯の治療をやっていても施術はできる?
7.ニキビができると施術できない?
8.施術のせいでシミ、そばかすができる?
9.施術に行く時、化粧はどうすれば?

1.サロン選びの際の注意点!

サロン選び
詳しい紹介に入る前に、脱毛の施術とはそもそもどういうものか、説明しておきましょう。

脱毛というと、かつては毛穴に電気針を刺す「ニードル脱毛」が普及していました。

これは相当な痛みをともなうため、「脱毛は痛い」というイメージを世間に流布した、と言われています。

いまではその欠点を補う技術革新の結果、サロンでも医療クリニックでも特殊な光を用いる方法が一般化しています。

サロンで最も普及している方式は「IPL脱毛」というもの。黒いメラニン色素だけに反応する光(インテンスパルスライト)を、直接肌に当てます。

元々、このIPLは美肌ケアの目的でエステサロンで使用されていたもので、毛穴の引き締め、赤ら顔、ニキビ痕、くすみの改善などに効果があります。

IPLを使った脱毛ではこれらの元々の効能も期待できるので、施術の度に肌の状態も良くなっていくわけです。

ただ最近、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法など、IPL以外の方式を採用するサロンもだんだん増えています。それぞれ特質が異なるので、なるべく自分に合った方式を選ぶようにしましょう。

2.サロンによって施術箇所に制限がある

施術箇所
顔脱毛をしてもらう際に注意したいのは、サロンによって施術部位に制限がある、という点。

アンケートを取ったところ、産毛処理の需要が高いのは、眉間、鼻の下、アゴの3つということですが、これもサロンによって施術可能なところと不可のところがあります。

例えば、サロンでも特にポピュラーな店の場合——

ミュゼ……鼻下、顎

ディオーネ……額、頬、顎、鼻下、鼻

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ジェイエステ……フェイスライン、目元、鼻下、頬、口周り、顎

といった風に施術可能なところが限定されています。

ということで、「顔脱毛ができる」と広告などに書かれていても、希望部位が施術可能かどうかはチェックしないと分かりません。

サロンに足を運んだのに施術不可となると交通費がムダになりますので、事前に詳細を調べておくようにしましょう。

3.脱毛の料金っていくらぐらい?

脱毛の料金
顔脱毛をするためにサロンと契約するとなると、1番気がかりなのはその料金でしょう。

そこで20社に及ぶ有名サロンのデータから平均料金を計算してみたところ、「41,033円」という金額になりました。

これを高いと思うのか、安いとみなすのかは、施術を受ける人の考え次第でしょう。

ちなみに脱毛ができるのはサロンだけではありません。医療クリニックでも施術が可能です。

こちらも平均価格を出してみると「131,325円」となりました。

つまりクリニックはサロンより3倍以上の料金がかかるわけで、「これは高い」と思う人が多いかも知れません。
ただサロンでは不可能な「永久脱毛」ができるのが大きなメリットです。

料金と効果を考慮しながら、自分の好みの方を選ぶべきでしょう。

4.最初に「お試しコース」を選ぶのがベスト

お試しコース

最近はサロンも増えており、競争も激化。ライバルに先んじて顧客を獲得するため、盛んにキャンペーンを打ち出しています。

これまで脱毛をやったことない女性に足を運んでもらうため「お試し」を用意しているところが多いので、未経験者はそのコースで光脱毛を体験してみましょう。

もちろん、いきなり正規プランを選んでも構いませんが、どんなデメリットがあるか分かりません。
やはりお試しから始めるべきです。

申し込みについてですが、店舗に直接連絡するよりも公式サイトから申し込んだ方がお得。色々と特典が付いているようです。

まず興味を覚えた店のサイトをチェック。そして問題がないようなら、ネット上で手続きするようにして下さい。

その後は、まず申込み時に指定した日にサロンへ行きます。

この時、カウンセリングは必ず受けなければなりません。どのサロンでも料金は無料です。

具体的に言うと、料金プランの確認、施術についての詳しい説明がその内容。良い機会なので、

「完了まで施術は何回やればいいの?」
「導入している脱毛機器は何の方式か?」
「永久脱毛は可能なのか?」

など、こちらから積極的に聞いてみましょう。

初日はこれだけ。あとは予約を入れていって施術を続けることになります。

施術では——

・スタッフは親切か?
・痛みはあるか?
・術後の肌の感じは?

などのポイントをチェックしましょう。

これで合格だったらプランのいずれかを選ぶことになりますし、不合格だったらそのまま終了。また他のサロンを調べ、そこのお試しコースを体験しにいくことになります。

上に述べたようにサロンの数は増えているので、自分にピッタリの店にいつか出会えるはずです。

5.どのサロンがオススメなのか?

オススメサロン
顔脱毛の人気店を2つ、紹介してみます。

まず推薦したいのが「キレイモ」。板野友美、ぺこ&りゅうちぇる、渡辺直美といったタレントのCMがテレビで流れているので、「知っている」という人も多いでしょう。

ここの最大の特徴は、顔の広範囲に渡って施術ができる、ということ。他のサロンでは施術の可能範囲が相当制限されているので、他で満足できない人がキレイモに来店するようです。

次にオススメしたいのは、「ジェイエステティック」。

「フェイス6」というプランを選ぶと、1回の料金はわずか2,500円です。「なるべく安価に顔脱毛を体験したい」という女性にもってこい。

またヒアルロン酸のジェルを使用していますから、光の照射で軽い火傷状態になった毛穴付近をしっかりとケアしてくれます。

「顔の脱毛をしたいんだけど、どのサロンにすべきかよく分からない……」。そんな人は、ぜひこの両サロンをチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛について色々な情報を紹介しました。

これ以降は、脱毛の疑問点や、施術で注意すべきポイントを説明していきましょう。

6.歯の治療をやっていても施術はできる?

歯の治療中
脱毛というのは意外に日数がかかり、短期間では完了しないのが普通です。
数ヶ月から数年に渡って施術に通う必要があるので、その間に歯の治療を受ける方もいるでしょう。

他の部位ならともかく、顔脱毛だと光を顔に照射するわけですから、歯の治療が脱毛に悪い影響を与えるか気になります。

実際に店の方に質問してみると、通常の虫歯治療ならとりあえず問題ない、とのこと。

ただ気をつけなければならないのは、歯医者から処方された痛み止めを飲んでいる場合です。

サロンの施術では、まれに「光線過敏症(光過敏症)」と呼ばれる症状が起こることがあります。これは、普通の人なら何でもない光の照射で、むくみ、かゆみ、水ぶくれなどが生じる過敏反応のこと。

実は痛み止めにはこの症状の誘引物質が含有されているものがあり、摂取していると施術ができなくなってしまうのです。

重篤な状態になる可能性もあるので、痛み止めを飲んだ時は必ずスタッフに告げるようにして下さい。

ちなみに虫歯の痛みも、施術によって激しくなることがあります。治療中はなるべく口周りの施術を避け、他の部位を先行させるようにしましょう。

また、歯列矯正のために歯科に通っている女性もいると思います。この場合、矯正器具に高熱が起こるケースもあるので、施術はできません。

ただ最近ではセラミックやプラスチックの器具も多く、それならオーケーです。

このように色々と条件が考えられますので、施術前に必ずスタッフと相談するようにして下さい。

7.ニキビができると施術できない?

ニキビができる
脱毛は毛根が高熱に包まれるため、その熱が体調に影響を与えることもあります。そのため、施術については様々な条件が設けられています。

例えば、肌が異常に乾燥していると施術不可ということが多いですし、自己処理が不十分(ムダ毛が長いまま)だと、その部位の脱毛は後回しになります。

このように予約をしたのに、条件を満たしていないということで施術が不可、というケースは結構あります。

では、ニキビがあると施術できるのでしょうか?

調べてみると、大抵のサロンでオーケーのようです。

というのも、脱毛で使用されるIPL機器というのは、元来エステで美肌対策に用いられていたもの。ですから、肌に対して悪い影響を及ぼさず、かえってケアに役立ちます。

IPLが脱毛効果を持つのは、黒いメラニン色素に反応して熱エネルギーに変わり、毛乳頭、毛母細胞などの毛根組織に損傷を与えるから。つまり、色の薄いニキビやニキビ跡などならIPLもほとんど反応せず、熱が生じることもありません。

ただあまりに症状が進んだ場合は、高熱によって炎症がさらに悪化することがあります。そういうときは、ニキビを避けて施術がおこなわれます。

スムーズに脱毛してもらうためにも、ニキビはしっかり治しておきましょう。

8.施術のせいでシミ、そばかすができる?

シミ、そばかすができる
現在、脱毛サロンや医療クリニックの脱毛は、IPLやレーザーといった光を照射する方法が主流になっています。

「そんな強い光が肌に当たると、そばかすやシミになってしまうのでは?」と思う人もいるかもしれません。

確かにシミやそばかすの大きな原因は、紫外線を含んだ太陽の光。サロンの光も毛根を破壊するほどですから、太陽と同じように肌に悪い影響があるのでは、と思いこみがちです。

しかし、何度も書いてきたようにIPL脱毛機というのは、美肌効果のためにエステで使われてきたもの。決して、肌に対して損傷を与えるものではなく、かえって艶のある肌をもたらしてくれます。

「でもネットを見ると『顔脱毛のせいで、そばかすやシミができた』っていう口コミが投稿されているけど?」と反論する人がいるかもしれません。

これには、理由が2つ考えられます。

まず、奥に隠れていたシミがターンオーバーによって、肌表面に出てきた、というもの。

施術の結果、新陳代謝が良くなり、隠れていたシミが肌に現れることはしばしばあります。

ただ、大部分はもっとターンオーバーが進むことで消滅してしまいます。

あと施術後、肌が乾燥しているために傷がつき、それが痕として残る場合。これをシミだと錯覚してしまう方がいます。

こんなことを避けるためには、施術後のケアを欠かさず、保湿をしっかり行いましょう。

いずれにせよ、一時的なシミや傷は施術によって直接生じるわけではありません。安心して下さい。

9.施術に行く時、化粧はどうすれば?

化粧はしない
顔脱毛初心者にとって不安に思う点のひとつが、

「サロンに出かける時、化粧していても大丈夫なのか?」

ということ——。

素顔でも問題のない10代の学生ならともかく、いつもメイクをしている女性にとって、職場や自宅から店に行くまでずっと化粧なしでいるのは結構大変なことです。

結論から先に述べてしまうと、化粧をしてサロンに行っても問題ありません。

脱毛サロンには専用ブースがあり、そこでメイクをオフすることができます。またサロンによっては、サービスでスタッフがメイク落としまでしてくれることもあります。

ただ、いくら化粧を落とせるからといっても、あまりに厚いメイクをしていくと、それをオフするだけで時間がムダになります。

普段よりもメイクは抑え、時間的に余裕を持ちながら施術してもらいましょう。

以上、顔脱毛とサロンの選び方などについて細かく紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参考に、自分にピッタリのサロンを見つけて下さい。顔脱毛をすることで、肌のコンディションも良くなっていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

kao
waki
ude
ashi
senaka
vio

top

効果が高くて安い脇脱毛サロン@立川

おすすめの脇脱毛サロン@立川

【2019版】脇脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@浜松

天王寺で脇脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ

ミュゼ

立川にあるミュゼの店舗情報

立川南口店 東京都立川市柴崎町3丁目7-24
MYビル4F
立川北口店 東京都立川市曙町2丁目6-10
ナカムラビル5F

立川のミュゼの店舗イメージ

立川のミュゼで
無料カウンセリングを予約する

ジェイエステティック

ジェイエステ立川

立川にあるジェイエステティックの店舗情報

立川店 東京都立川市曙町2-7-19 モノリスビル 3F
立川駅北口から徒歩1分 ビックカメラ向かい、ドコモショップ隣り モノリスビル3F

立川のジェイエステの店舗イメージ

立川のジェイエステで
無料カウンセリングを予約する

恋肌(こいはだ)

脱毛ラボ立川

立川にある恋肌(こいはだ)の店舗情報

立川店 東京都立川市柴崎町2丁目1-5 立川龍生堂ビル3階

立川の恋肌(こいはだ)の店舗イメージ

立川の恋肌(こいはだ)で
無料カウンセリングを予約する

C3(シースリー)

C3(シースリー)

立川にあるC3(シースリー)の店舗情報

立川通り店 東京都立川市高松町3-14-14 立川OSEビル5F

立川のC3(シースリー)の店舗イメージ

立川のシースリーで
無料カウンセリングを予約する

脱毛ラボ

脱毛ラボ立川

立川にある脱毛ラボの店舗情報

立川店 東京都立川市柴崎町2-1-4 五光トミオー第2ビル7F

立川の脱毛ラボの店舗イメージ

立川の脱毛ラボで
無料カウンセリングを予約する

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

kao
waki
ude
ashi
senaka
vio

脇脱毛をする前に知っておきたい8つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.そもそも「脱毛」って?
3.施術の回数、値段、痛みについて
4.ワキ脱毛で失敗しないようにするには?
5.脱毛サロンと医療クリニックはどう違う?
6.ワキ脱毛の料金はなぜリーズナブルなのか?
7.脱毛完了後、効果に満足できない場合は?
8.脱毛のせいでワキの汗が増える?

1.サロン選びの際の注意点!

夏は色々と積極的になる季節。ここ数年のような猛暑が続くと、ノースリーブを着る機会も多いはずです。

そのときに気にかかるのがワキに生えているムダ毛……。

ムダ毛処理をキチンとしないと、腕を上げた時など他人に見られ、恥ずかしい思いをするハメになります。

それは分かっていますが、ムダ毛処理というのは面倒なものです。それに自己処理ばかりに頼っていると、そのうちカミソリなどの刺激でワキに黒ずみができることも——。

「サロンで脱毛して、自己処理なんてやめよう」

そう考えている人もいるかもしれません。

でも初心者にとって脱毛サロンというのは未知の世界。どうしてもハードルが高くなりがちです。

「完了までどれくらい通う必要があるの?」
「痛みがあるって本当?」
「料金は最終的にどれくらいかかる?」

心にこれらの疑問を抱えたまま、結局は脱毛とは無縁に自己処理を続けている、という人も少なくありません。

そこでワキ脱毛の効果やその費用などについて詳しく紹介し、そんな女性の悩みを解消してみることにしました。

以下の情報が、ワキ毛処理で悩んでいる女性の助けになれば、と思います。

2.そもそも「脱毛」って?

ワキ脱毛の情報を紹介する前に、まず「脱毛とはどういうものか?」ということを述べてみます。

勘違いしている人が多いのですが、サロンやクリニックでの「脱毛」というのは、毛を抜いていく作業ではありません。

では、サロンや医療クリニックでの脱毛というのは、どういったものなのでしょうか?

実は施術のターゲットとなるのは、皮膚に隠れている毛根部分。
肌の表面に出ているムダ毛そのものではないのです。

以前は手作業で毛根を焼き切っていたのですが、現在では効率が良くなり、特殊な光を肌に照射することで毛根に損傷を与える方法をとっています。

この時に用いられるIPL(サロンで使用)やレーザー(クリニックで使用)といった光は、メラニン色素に反応して熱エネルギーに変化する特徴を備えています。部位に当てると皮膚は素通りし、毛母細胞、毛乳頭などの組織だけにダメージを与えます。

この方法のおかげで、脱毛は気軽なものとなりました。最近では顔、脚はもちろん、VIOといった特殊な部位まで脱毛する人が増えています。

その中でもワキ脱毛は最もポピュラーで、脱毛の初心者の大多数が最初に施術してもらう部位——。

やはり、夏を迎えると露出が増えるので、「処理をするならまずワキ」と考える女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集中しているところでもあります。そのせいで汚れが溜まりやすく、毛のう炎や埋没毛(埋もれ毛)といった厄介な症状も起こりやすいと言われています。

良好なコンディションを保つためにも、ワキ毛を早い段階で脱毛してもらい、カミソリ、毛抜きなどでの自己処理は止めるべきです。

3.施術の回数、値段、痛みについて

ワキ脱毛のメリットがお分かりになったと思います。「すぐにサロンに行って施術を受けたくなった」という人もいるかもしれません。

ただ、実際に店舗で契約するとなると、以下のようなことが気にかかると思います——

・施術回数はどれくらい必要なのか?
・値段は総額でいくらかかるのか?
・施術時の痛みはどの程度なのか?

これらのポイントについて、説明していきます。

まず施術回数なのですが、実は1回や2回では脱毛の施術は完了しません。完璧にムダ毛が生えないようにするためには、意外なほど長い時間がかかります。

特にワキは太いムダ毛が集中的に生えているうえに、他の部位よりも毛根が深いところにあり、施術には厄介な部位と言われています。そのため、顔や脚よりもどうしても回数が多くなるのです。

各サロンによって差があるようですが、脱毛完了まで12回から18回の施術が必要、と考えるべきです。

次に料金です。

これもサロンによって相当な違いがあり、古くからの顧客を抱えた高級サロンの中にはビックリするような値段をとるところもあります。

ただ、ワキ脱毛に関しては初心者向けのプランが多く、全般に値段はリーズナブル。その中でも特におすすめの店があります。

それは全国展開を行っているチェーン店のひとつ、「ミュゼ」。

なぜおすすめしたいのか、というと、「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」が大変リーズナブルだから——。

何しろこのプランの料金はわずか100円です!

これだけの安い値段で脱毛を行っているところは他にはない、と言い切れます。料金の点で不安な初心者には最適といえます。

さらに、ミュゼのメリットは料金に限りません。

実は、サロンでの施術というのは毛根に熱を加えるため、どうしても痛みがあります。ミュゼはそれが軽減されるように工夫を凝らしているのです。

具体的にいうと、他のサロンがIPL方式の脱毛機を採用しているのに対し、ミュゼは最新型のSSC方式の機器を導入しています。

IPL方式ではキセノンランプを用い、インテンスパルスライトを肌に照射します。一方、SSC方式ではクリプトンライトを使っています。

キセノンランプはそれ自体脱毛に効果を発揮しますが、クリプトンライトの方はそんなパワーはありません。

ではどうやってムダ毛を処理するのかというと、専用のジェルをムダ毛に塗った上で光を当てます。

すると相乗効果によって毛根にダメージが加わり、発毛を阻害してくれるのです。

この方式の最大のメリットは「ジェルとの組み合わせで効果を上げる」という点。
光そのものの威力は弱めでも構わないので、痛みも軽減されます。

「施術が痛いというので脱毛をちゅうちょしている」という人もいるようですが、ミュゼのSSC方式なら痛みも問題ありません。

4.ワキ脱毛で失敗しないようにするには?

「ワキ脱毛なら、”格安”、”痛みがない”という点でミュゼが一番」と書きましたが、近所に店舗がない場合もあります。そんな時は、他のサロンを選択しなければなりません。

ただ、脱毛がブーム状態を呈していることもあってサロンの数は以前よりもはるかに増えています。
その数が多すぎて、初心者はどこを選べばいいのか迷ってしまうでしょう。

色々なサロンが盛んにキャンペーンを行っているのですが、これも種類が多すぎて、どれがリーズナブルなのか判断が難しくなっています。

そこでサロンを選択する際、注意すべきポイントを何点かあげてみます。

施術可能回数が12回に満たないサロンは避ける

まだまだ脱毛に関して勘違いしている人が多く、たとえば1回施術してもらえば、それだけでその部位のムダ毛は生えてこない、と思い込んでいる方がいます。

実は、たった1、2回の施術では、脱毛の効果などほとんど感じられません。
確かに施術後10日から1ヶ月ほどで無毛状態にはなりますが、時間が経過すると新しい毛が再び生えてきてしまいます。

発毛自体をストップするには、数ヶ月から数年かけてIPLやレーザーなどの光を当て続けなければなりません。

しかもワキのように太いムダ毛がまとまって生えている場合、上述したように12回から18回ほどの施術が必要不可欠なのです。

というわけで契約時に「料金が安いから」という理由で施術回数が12回に満たないプランを選んでしまうと、結局は脱毛が終わらず、追加施術によって予想以上に高くつく、という場合もあり得ます。

最終的にリーズナブルに脱毛するためには、あまりに安いプランには目を向けず、何度でも施術が受けられるコースを選びましょう。

返金制度や施術期限に注意を払う

ワキ脱毛を完了させるには、最低3年間はサロンに通い続ける必要があります。

しかし一旦店と契約しても、「スタッフの態度が良くない」「効果に不満がある」といった理由で、契約を中途解約するケースもあると思います。

そういう時は当然ですが、サロン側は渋い顔をします。半分も施術回数を消化していないのに、返金がほとんどない、という店も多いようです。

ただ中には「1年以内ならば全額返金します」という良心的なサロンもあります。

「忙しいこともあって契約を解約するかも…」という人は、契約時に解約条件についてスタッフに聞いておきましょう。

またサロンによっては、施術期間にリミットがあり、契約日時から何年か経つと施術そのものができなくなる、というところもあります。料金を全額払ったのに施術を受けられないとなると泣くに泣けませんから、その点も事前にチェックすることが肝心です。

いずれにしても「ワキ脱毛には長期間の施術が不可欠」ということを心に留めておき、なるべく回数や施術期間に制限のないサロンを選びましょう。

施術後のケアを行うサロンがベター

ワキに関するケアは、ムダ毛処理だけでは充分とはいえません。
黒ずみやブツブツなどの症状を改善することも肝要で、そのためにはしっかりと肌の潤いをキープする必要があります。

上述したように施術後の毛穴は熱を持つため、どうしてもその周辺の肌は乾きがちとなります。

脱毛サロンにはそれにキチンと対応し、施術後の保湿サービスを熱心に行っているところもあります。

こうした店で脱毛すると美肌効果も期待できるので、一石二鳥です。

5.脱毛サロンと医療クリニックはどう違う?

ワキ脱毛を行ってくれるのはサロンだけではありません。医療クリニックでも施術可能です。

ではサロンとクリニックでは、どのような差があるのでしょうか?

現在、脱毛サロンで施術のメインとなっているのは、光脱毛(フラッシュ脱毛)という方法。そしてクリニックの方では、主にレーザー脱毛が採用されています。

「特殊な光によって毛根にダメージを与える」という点で、両方とも脱毛の原理そのものは変わらないといっていいでしょう。

ではどういう差があるのかというと、毛根部分にダメージを与える時の威力です。

レーザーの光は波長が長く、その威力はIPLとは比べ物になりません。毛根の組織は徹底的に破壊されてしまい、いわゆる「永久脱毛」(ムダ毛が一生生えてこない)も可能になっています。

また脱毛完了までにかかる回数も差があります。フラッシュ脱毛はどうしても10回以上かかりますが、レーザー脱毛の場合、数回で終わってしまいます。

もし「短い期間で脱毛を終えたい」と考えているなら、サロンよりも医療クリニックでの施術を選んだ方がいいでしょう。

6.なぜワキ脱毛の料金は安いのか?

ワキ脱毛というのはリーズナブル。初心者は最初の脱毛箇所としてワキを選ぶことが多いようです。

では、なぜワキ脱毛の料金は安いのでしょうか?

まず考えられる理由としては、ワキが狭い部位だ、ということ。

サロンでは面積によって料金を決めることが多く、その点でワキは安価で済むパーツというわけです。

そして第2に考えられるのは、サロン側の”戦略”です。

女性は最初にワキ脱毛を選ぶため、「その値段を抑えることで、より多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

いずれにしても、ワキというのは手軽な部位。
サロンの技術もすぐ分かるので、施術はワキから行うのが無難です。

7.脱毛完了後、効果に満足できない場合は?

ワキ脱毛が完了したものの、その結果に満足できない——。

そんな場合、施術をそのまま続けることもできますが、追加料金が取られるので出費がかさみます。

そんな事態を避けるため、少々値が張っても最初の契約時に12回以上のプランを選びましょう。

また、そのサロンから他店に乗り換える方法もあります。しかしこの場合はカウンセリングからやり直さなければならず、時間と手間がムダです。

とにかく施術期間と回数は多めに見ていくことが肝要。なるべくなら施術回数が無制限のサロンがおすすめです。

8.脱毛のせいでワキの汗が増える?

最後に脱毛完了後の”ある現象”について、説明しておきましょう。

実はネットでワキ脱毛を検索してみると「脱毛をしてからワキ汗が増えてしまった」という口コミが投稿されています。

こんな現象が本当にありうるのでしょうか?

答えを先に書きましょう。そんなことはありません。

ただ、「ワキの汗がひどくなった」と勘違いしてしまう人は実際多いようです。

その勘違いの理由ですが、「今まで汗をせき止めていたワキ毛がなくなったことで、肌で汗の流れを感じる機会が増える」というのが原因のようです。

つまり単に感覚の問題で、汗の量そのものが変化したわけではありません。

しばらくするとその感触にも慣れてしまい、違和感も覚えなくなります。

いかがだったでしょうか? 色々なポイントからワキ脱毛の情報、サロンの選び方について紹介してみました。

ぜひ以上の情報を参照し、自分の体質に合ったサロンを見つけて下さい。

脱毛によってムダ毛が処理できればワキへの視線が気にならなくなり、肌の状態もきっと良くなっていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

kao
waki
ude
ashi
senaka
vio

top

脱毛で内出血が起こった場合は?

内出血が起こる

ムダ毛処理による内出血が起こった場合は?

夏場が近づくと肌を露出する機会が増えるため、あわててワキや足などのムダ毛を自己処理する人も多いと思います。

処理の仕方も色々ですが、毛抜き、脱毛ワックスを使った場合、肌が内出血を起こす可能性があります。

もし内出血してしまったら、すぐに冷やすのが肝心。ただ、温度が低すぎるものを内出血の部位に長時間当ててしまうと凍傷になってしまう恐れがあります。氷などを直接当てるのは避け、ビニール袋などに入れた上で、さらにタオルを巻くのがベスト。

内出血が起こったばかりの段階で患部を温めてしまうと、更に範囲が広がって症状が悪化する可能性があります。このため、その日は風呂に入ることも避けましょう。

ただ、1日〜2日経過し、症状がある程度軽くなってからは温熱療法を行う方が効果的です。患部に蒸しタオルを当てたり、お湯のシャワーを浴びると自然治癒力が高まり、症状が早く治まります。

内出血を避けるためには、ムダ毛処理に毛抜き、脱毛ワックス、脱毛テープなどを使わない方が無難です。他の方法でも肌に負担を掛けることも多く、長い間続けていると肌が色素沈着を起こしたり、角質化する場合もありえます。

自己処理をしないためには、サロンでの脱毛を検討した方がいいでしょう。
サロンでの脱毛はどうしても時間がかかりますが、使用される光脱毛機は美容にも効果があり、脱毛と共に美肌も得られるのでお得です。

また医療クリニックでも脱毛をおこなっているところがあります。クリニックなら永久脱毛も可能の上、何か肌トラブルが起こってもサロン以上にキチンとした対処をしてもらえます。
費用はサロンよりもかかりますが、より安心したい人にはクリニックがおすすめです。

立川の人気脱毛サロンランキングTOPへ